この街宣活動をめぐっては、在特会のメンバーら4人が威力業務妨害罪などに問われ、有罪判決が確定。学校の元校長も京都市が管理する公園を無許可で占用したとして、都市公園法違反の罪で罰金10万円が確定している。

出典朝鮮学校への街宣は「人種差別」 在特会側に賠償命じる 京都地裁 - MSN産経ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

在特会敗訴で規制が進むかもしれない”ヘイトスピーチ”とは?

街宣活動を巡り、学校法人京都朝鮮学園と在特会が争っていた訴訟で、「人種差別に当たる」として在特会が敗訴。問題になっている「ヘイトスピーチ」とは?

このまとめを見る