1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

futaraさん

冷戦後は文明が最も重要な要素に

冷戦が終わった現代世界においては、文明と文明との衝突が対立の主要な軸である

現代世界は文明が最も重要な要素になる。なぜなら・・・

文化とは人間が社会の中で自らのアイデンティティを定義する決定的な基盤

文明はその人にとってアイデンティティとなるため、違う文明の人に対して親しみを持ちにくくなる。そして、政治家はこの感情を巧みに利用するだろう。つまり、文明が政治を左右するのである。

日本は一国のみで一文明を担う唯一の国家

米国の政治学者サミュエル・P・ハンティントンは世界には七つまたは八つの主要文明と考えました。
(歴史的には12個、そのうち7つは消滅し、そこに新しく2つまたは3つの文明が加わったと分析)

紀元前15世紀頃に発生し、儒教に基づいた文明圏であり儒教文明とも呼ぶ。その中核を中国として、台湾、朝鮮、韓国、ベトナム、シンガポールから成る。経済成長と軍備の拡大、および国外在住の華人社会の影響力を含め、その勢力を拡大しつつある。

元前20世紀以降にインド亜大陸において発生したヒンドゥー教を基盤とする文明圏である。

7世紀から現れたイスラム教を基礎とする文明圏であり、その戦略的位置や人口増加の傾向、石油資源で影響力を拡大している。

2世紀から5世紀において中華文明から派生して成立した文明圏であり、日本一国のみで成立する孤立文明。ただしエマニュエル・トッドは日本はドイツと似た文明を持っていると反論している。

16世紀にビザンティン文明を母体として発生し、東方正教に立脚した文明圏である。

8世紀に発生し、キリスト教に依拠した文明圏である。19世紀から20世紀は世界の中心だったが、今後、中華、イスラム圏に対して守勢に立たされるため団結する必要がある。

西欧文明と土着の文化が融合した文明、主にカトリックに根ざしている文明圏である。

アフリカ世界における多様な文化状況に配慮すれば、文明の存在は疑わしいものであるため、主要文明に分類できないかもしれない。

エチオピアやハイチはどの主要文明にも属さない孤立国である。モンゴル、チベット、タイ、ミャンマーなどは仏教文化として括られているが積極的な行為主体とは考えていない。

なぜ韓国は中国に接近し、日本と対立するのか?

『文明の衝突』によれば、韓国は中国と同じ「中華文明」に所属する一方で、日本は「中華文明」に属していない。

実際、日本は中国と冊封関係を結んだことはほとんどない一方で、朝鮮はつねに中華圏の影響を受け続けてきた。地政学的に、日本は国学や神道など独自の思想や文化を研究する余裕があったが、朝鮮は文字や年号などを中国に合わさなければ攻撃されてしまう立場にあったのである。

確かに日韓の間で歴史問題が存在するのは事実ではあるが、それは中韓の間でも同じはずである。それなのに日韓だけが緊張関係になってしまうのは、文明圏が異なることが原因なのかもしれない。

日本はガラパゴス化してしまうのも、文明が原因?

ガラパゴス化とは、閉鎖された環境で特殊進化することである。海外でも同様の問題のある市場があるものの、多くは日本での問題として扱われる。

平安時代における遣唐使の廃止、江戸時代の鎖国などと同様に、国内独自の文化が醸成され、海外にはない新しい思想、デザインなどが生まれやすくなる。

日本文明が日本一か国のみで構成されていることが、ガラパゴス化の原因の一つであると言えるだろう。

実際に文明間で規格の標準化争いは起こってます

チャデモは、トヨタ、日産、三菱自動車、富士重工業、東京電力がチャデモ協議会として2010年3月15日に設立。東京電力が企画開発した仕様に基づき、現在、日米欧32の電気機器メーカーが製品化。2012年2月10日時点で、設置場所は日本国内に835ヵ所、日本国外は176ヵ所、合計1011ヵ所に達した。

コンボコネクター方式に参加を表明している自動車メーカーは、アメリカのGM、フォード、クライスラー、ドイツのダイムラー、BMW、フォルクスワーゲン(アウディ含む同グループ)、ポルシェ。

3つめの急速充電方式は中国だ。だが中国国内には、国家電網式、広州など中国南東部の南方電網方式など、数種類の直流方式が並存している。中国での国家規格に相当するGB規格で今後、急速充電方式を統一するかどうかは不明だ。

しかしガラパゴス化は悪いことだけではない

短期的にはメリットは薄いものの、海外の大市場においてアイデアの行き詰まりが起きた際に、全く違う提案、情報提供をすることで、新たな大市場の活性化につながる期待もできる。

「最もクリエイティブな国」は日本、「最もクリエイティブな都市」は東京──米Adobe Systemsによる「クリエイティビティー」(創造性)に関する調査

米国、英国、ドイツ、フランス、日本で調査した結果なので、唯一文明が異なる日本のことを「クリエイティブである」と考えるのは当然であろう。しかし、これはガラパゴス化を強みにもできるということではないだろうか。

ミルによれば文明が発展するためには個性と多様性、そして天才が保障されなければならない。

J.S.ミルによれば、自由を保障して多様性を容認することは、社会の発展に寄与する。ということは、独自の文明を持つ日本は世界に多様性をもたらし、世界の発展に貢献することができるのかもしれない。

ガラパゴス化のメリットとデメリットをしっかり認識することが重要

市場ニーズの自然の成り行きに対応して、商品企画を緩やかに変化させていけばいいだけのことである。国際標準適合のためのみに標準化を急ぐ必要はない。ただ、まったく新しいことを日本に定着させるために、無理矢理に最初からガラパゴス化を狙う必要も、まったくない。

既得権益を守るためだけに明らかに非効率で非合理的な企業文化や市場を維持し、その結果としての「ガラパゴス化」であるならばデメリットが非常に大きいので、今すぐ改革していかなければならない。
しかし、日本市場において公平な競争を経たガラパゴス化なら、世界に対して大きな強みにできることも期待できるだろう。例えばポケモンなどのゲームは日本独自に発展したものであるが世界的に人気がある。

参考・引用したサイト

1 2