ロシア人1人当たりの国内総生産(GDP)は約140万円。所得という物差しからすれば日本の30%程度で、とても「豊かな国」とは言い難い。

 ただ、有事の際はどうだろう。もし世界的な気候変動や国際関係悪化などで食料輸入に支障が出たら-。ロシアの場合、85年以降、何度も経済危機に見舞われたにもかかわらず、餓死者が出なかった。それは国内3400万世帯の8割がダーチャなどの菜園を持ち、ジャガイモの国内生産の9割、野菜の8割を自給していたからといわれる。

出典ロシアの自家菜園を訪ねて 1年分の食料 自給自足 野菜、果物…兼業農家並み - 西日本新聞

ロシアの古い諺で「イモ(ジャガイモ)植えりゃ 国破れてもわが身あり」というものもあるほどです。
土地の規模もちがうのでそのまま日本にあてはまりませんが、食糧自給率の向上にはつながると思われます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ロシアの農地付き別荘「ダーチャ」の魅力とは?

うまくいけば、耕作放棄地の解消、自給率の向上、食べることへのセーフティーネットの形成などの可能性があります。

このまとめを見る