1. まとめトップ

《育毛剤効果》育毛剤使用のBefore→After!ルチアが教える育毛理論!《育毛剤、お薦め育毛剤》

髪の毛が薄くなりはじめた、もしくは毛がなくなってきたというお悩みをお持ちですか?薄毛(ハゲ)には、ストレスや生活習慣など様々な原因があります。今回はそんな方のお助け用品「育毛剤」についてまとめてみました。(お薦め育毛剤、育毛剤の効果)

更新日: 2014年03月04日

9 お気に入り 17534 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dsaikodsenさん

●育毛の口コミサイトを見ていると気になる記事が・・・

映画監督の根本順善氏が、1年8ヶ月間ルチアを使ったところ、画像のような変化が見られました。

●映画監督の根本順善氏の髪がめちゃくちゃ増えてる!

根本監督いわく、効果は五ヶ月ほどで見られはじめたとのこと。

「職業柄、命じられるのは嫌いですが、クソッと思いながら、毎日の洗髪と、一日数回エッセンスをつけることを習慣的に実行して来ました。

以来、五ヶ月余りが経ちました。

するとどうでしょう、信じられないほど髪が甦ってきたではありませんか。それは想像を絶し、自覚を遥かに超えるほどの変貌でした。

年齢は70を超えましたけれど、久しぶりに会った友人たちが、まず私の頭を見て、それからしげしげと顔を見たあとで、「若いね」と、異口同音に言ってくれました」

『映画監督根本順善様からのお便り』より引用)

@punimyun ううう。。。育毛剤いちおつけてはいるんですけど、太い毛が生えてこない

髪を乾かした後は、育毛剤をつけて髪の毛を元気にしてあげようね。

育毛シャンプーを使用しても正しいやり方でシャンプーを行わなければ効果は半減してしまいます。 つまり頭髪の汚れをしっかり落とした状態でないと「育毛剤がしっかりと浸透」しないのです。

育毛剤を選ぶ時には、自分の頭皮あったものを選びましょう。その為にも、購入前に薬剤師や登録販売者に一言相談してみるのがお勧めです。プロのアドバイスはやはり貴重です。

●気になったので公式サイト育毛モニターのページを覗いてみると・・

髪にボリュームがなく、生え際が後退してます。こめかみ周辺の地肌が気になり、薄くなってます。

こめかみ周辺の地肌はまだ気になりますが、2ヶ月を過ぎた頃に、少し改善が出てきました。

半年過ぎた頃の写真を見ると、全体的に毛が生え、生え際が明らかに改善前とは違います。

めちゃくちゃ髪が増えてる!!

ルチアからのコメントによると・・

ストレスと薬害による薄毛

前頭部の薄毛はストレスが強く関係しています。 ストレスにより毛細血管が収縮するため、同時に毛細血管も収縮してしまい、血行不良が起こり、その結果毛根が栄養不足になります。

○○さんの場合ストレスによる毛根の栄養不足に加え、薬害の影響が前頭部に集中し、急速に脱毛が進行しました。  このケースでは、育毛エッセンスで充分に栄養を与えると同時に、薄毛の原因となっている薬害の影響(頭皮下の不純物)をミラクルクレンジングによって除去することが必要となります。

●ルチアが教える育毛理論

・髪が育つ条件は2つ

1. 清潔な頭皮からの酸素

2. 丈夫な毛細血管からの酸素と栄養素

頭皮と血管から供給される酸素と、血管を通して運ばれる栄養素があれば、髪は自然に育ちます。
清潔な血管からの栄養補給は、よい育毛剤によってまかなわれますが頭皮の清浄と清潔は、私たち自身が意識的に管理しなければなりません。

・脱毛の4大要因

髪の成長に必要な条件は、酸素と栄養素ですが、頭皮が汚れで覆われると、皮膚呼吸が妨げられ、髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足します。すると毛母細胞は次第に弱ってゆき、その結果、髪の毛が細くなったり、抜けたりします。たとえば、人が食事をとらなくても数日間は生き続けられますが、酸素がなければたちまち死んでしまいます。同様に、毛母細胞への酸素補給を妨げる頭皮の汚れは、薄毛のもっとも大きな要因です。

最近テレビ番組やコマーシャルなどで、次々に髪と頭皮に関する間違った手入れ法がまことしやかに流されるようになりました。
その代表的な間違いが、『皮脂は育毛の大敵』という認識です。市場にはこの間違った認識を基にして作られた『育毛の大敵である皮脂を徹底的に洗い流すために洗浄力の強いシャンプー剤』が驚くほど大量に出回っており、マスメディアが垂れ流す無責任な情報を鵜のみにしてしまった方たちが、競ってこの種のシャンプー剤を使用してしまい、その結果、成人ばかりか、なかには小学生までが深刻な薄毛を起こしているのが現実です。

しかし、皮脂は、頭皮を含む私たちの肌を乾燥などのトラブルから護るために分泌される、大切な成分なのです。洗浄力の強いシャンプー剤を使い続けると、頭皮に深刻な肌荒れ現象が起こり、結果、薄毛を発症させてしまいます。

健康な髪を維持するためには、毛細血管からさまざまな栄養素が酸素とともに毛母細胞に供給されなければなりません。
そのためにストレスなどによる血管の収縮などによって血流が停滞してしまうと、毛母細胞は栄養素を十分に受けられなくなるので、健康な髪の毛を維持できなくなります。

の毛は、体内に入り込んだ毒素を排泄する役割も担っていますので、頭皮下には、髪の毛とともに体外へ排泄されるべき毒素が集められます。
そのため、習慣的に薬剤や健康食品などを常用されたり、肌によくない成分で構成された育毛剤などを継続使用された方の頭皮下には、多量の不純物が集積されています。
これらの不純物は、本来なら、成長する髪の毛とともに体外へ排泄されますが、集積される量が髪の排泄機能を上回ると、頭皮下に蓄積されてゆきます。

この蓄積された不純物は、毛母細胞にとっては毒素であり、髪の成長を阻害するばかりか、深刻な脱毛を招きます。
また薬害による脱毛は、これまでに服用もしくは塗布した薬剤の諸成分が、体内を巡って最終的に頭皮下に残留し、徐々に毛根、毛母細胞を弱らせるために引き起こされるもので、この場合、薬の塗布箇所や服用、塗布した時期とは無関係に起こります。

白く透明感があり、皮脂が程良く分泌され、保護膜によって保護された髪と頭皮に、ツヤとハリがあります。

1 2