1. まとめトップ

ローンだけでもたくさん種類があるのをご存知ですか?

住宅購入資金の借入である「住宅ローン」をはじめ、自動車購入資金の借入である「マイカー(自動車)ローン」、教育資金の借入である「教育ローン」、事業資金の借入である「ビジネスローン」、日常生活に係る資金の借入である「カードローン」、その他にも「ブライダルローン」、「多目的ローン」、「旅行ローン」、「不動産ローン」などといった、実に様々な種類のローンが存在します。

今回はその中でも、みなさんが一番身近に感じているであろう「カードローン」の種類や違いについて、色々とご紹介致します。

そもそもカードローンというものは?

そもそもカードローンというものは、様々な全国規模で企業展開している大手銀行、地方銀行、インターネット銀行などの金融機関、更にこれらの子会社である消費者金融、その他消費者金融、そこの商品になります。これらをまとめて金融機関とし、銀行カードローン、銀行系カードローン、消費者金融系カードローンと言います。

カードローンの特徴は、その名の通りカードが発行されることです。
ローン専用のカードや、銀行預金口座と兼用になっているカードがあり、ATMで簡単にお金を借りることができます。
また、クレジットカード会社が発行している、クレジットカードと抱き合わせのカードローンというものもあります。

言葉が似ていてまぎらわしい「カードローン」と「ローンカード」

ローンカードという言葉は存在しますが、ではどういう意味なのでしょう。カードローンと何か違いがあるのでしょうか。

ローンカードとは、信販会社が発行する融資専用カードの名称のことです。

信販会社がクレジットカードに付与した形のカードローンとは違う、ということですね。

ですが、全ての信販会社がこのような形を取っているわけではないのです。
一部の信販会社では、このカードを用いている商品サービスの名称を、カードローンとしてしまっている企業もあるのです。
その為、信販会社の作っているカードが「ローンカード」、このように考えて良いでしょう。

ですが、現金を引き出すカードという意味では同じですから、カードローンと全く同じものと考えてしまっても良いでしょう。

カードローンの種類

カードローンのサービスを提供している金融会社は、まず大きく2つの種類に分けることができます。
その一つが銀行で、もう一つが貸金業者です。

更にカードローンには2種類の商品があり、その違いは管理されている法律の違いによるものです。

銀行は銀行法という法律で管理されている会社で、そして貸金業者は貸金業法という法律によって
管理されている会社ですが、貸金業法で管理されている貸金業者の消費者金融は、融資枠に「総量規制」という制限がありますが、銀行法で管理されている銀行のカードローンには殆ど規制がありません。
この規制の違いは、融資枠の上限が法的に定められているか、定められていないかの違いになります。

しかし、現実問題は、銀行のカードローンの審査は概ね厳しい判断になる場合が多く、融資枠が簡単に取れる訳ではありません。
こうした一面があるので、銀行のカードローンは規制が無いとも言えるのです。

しかし、現在は多くの消費者金融が銀行グループの傘下として営業しています。
つまり、会社は管理されている法律の違いはあるのですが、企業としては銀行と同じグループとして経営されており、あまり大きな違いは無くなってきているのです。
ですが、貸金業法での規制は厳しく、多くの利用者に制限がかかってしまったことも事実です。

この為、消費者金融各社は拡大路線から競争路線へと舵取りをする必要がありました。
競争路線とは、借り換え需要を取り込んで他社の契約者を引き込む作戦です。つまり、客の取り合いをしなくては生き残れない時代になりつつあるのです。
こうした中、新たな収益源として銀行は自らカードローン業界に進出を始めました。ある意味では銀行の経営とは真逆に位置するであろう、損失の危険と紙一重であるカードローンの収益性に目を向けたのです。
規制が少ない銀行としてのメリットを最大限に活かして高い収益に期待しているのです。

ちなみに、貸金業者も2つの種類に分けることができ、その一つが消費者金融で、もう一つが信販会社です。

登録貸金業者情報を調べる場合は、登録貸金業者情報検索入力ページ(金融庁)で検索して調べることができます。

銀行ローンと銀行系ローンの違い

カードローンとは少し違いますが、ここでは銀行ローンと銀行系ローンの違いについてご紹介いたします。

銀行ローンと銀行系ローンでは、取り扱っているローン商品に違いがあります。
それは、資金用途別のローン商品とキャッシングローン商品の2種類です。
下記ではそれぞれのローン商品について説明しています。

《資金用途別ローン》
都市銀行や地方銀行など特定金融機関で取り扱っている「銀行ローン」は、資金用途別のローン商品が主になっています。
住宅購入費用、車購入費用、教育資金費用などのように、それぞれの目的によって細かく分類された銀行ローン商品が用意されており、利用者も希望者もとても多い種類のローンです。
「家を購入したい」、「子供の進学費用が足りない」など、その資金目的が明確であり、尚且つ、資金が必要な時期までの日数的に余裕があれば、まず各種銀行ローンでのローン利用を検討することをおすすめします。
その用途目的に応じたローン商品で融資を受ることができれば、金利面から考えると銀行系ローン会社や消費者金融会社を利用するよりもかなりお得です。
ですが、銀行ローンは審査対象の方も限定されていることが多く、勤続年数などの審査内容もかなり厳しいものです。さらに審査にはとても時間がかかり、審査の際事前に提出する関係書類も多く、また審査中に何度か足を運ばなければならない場合が多く見受けられます。
高額で金利の低い銀行ローンを利用する為には色々と大変で面倒な手続きが付き物のようです。


《キャッシングローン》
大手都市銀行などが母体となって運営している「銀行系ローン」会社で取り扱っているローン商品はキャッシングローンです。
銀行ローンの資金用途に応じたローンとは異なって、その用途目的の幅は広く、生活費用、交際費用、レジャー費用など、様々な場面に応じて利用され、銀行系ローン会社だけでは無く信販系ローン会社、消費者金融会社を含めると、現在は就業人口の3~4人に1人の割合でキャッシング利用経験者が存在します。(2008年2月調べ)
最近、多くの申し込みや契約が際立っている銀行系ローン会社のキャッシングローンは、信販系や消費者金融系ローンのキャッシングローンと比べ、融資限度額の設定は大きく、金利は利息制限法の範囲内で設定しており、多くのキャッシングローン希望者からの支持を得ています。因みに、利息制限法とは、1954年に債務者(借り主)保護の目的で制定された、利息についての基本的な法律で、金銭消費賃借上の契約及び損害賠償の予定額について、利息の観点から制限を加えた法律のことです。
また、銀行ローン商品の一つである、資金用途がある意味自由なフリーカードローンと比べると、審査基準も緩く、保証人や担保を必要としない為、気軽に申し込みをされていらっしゃる方が増化している傾向にあるようです。
キャッシングローンの場合、申し込み条件として『満20歳以上で69歳未満』及び『安定した収入がある』というのが原則となっています。
『安定した収入』とは、定期的な収入があれば良いということなので、公務員や正社員以外の常用雇用形態では無い、自営業・派遣社員・パートやアルバイト雇用の方も審査対象となります(各銀行系ローン会社により審査基準は異なります)
対象が限定されている銀行ローンの審査・融資基準から外れている方にとっても、申し込みや利用が可能なローンなのです。

銀行系カードローン

銀行やその子会社が運営しているカードローンというで、銀行の窓口で契約します。
申し込みは、ATMコーナーに行くとパンフレットがありますので、自宅で記入して申請することも可能です。分からないことがある時は、窓口で聞くこともできますので安心です。


銀行系のカードローンを利用するにあたってのメリットは、なんと言っても金利の安さです。
信販系や消費者金融系に比べて、実質年率(金利)が低く抑えられており、消費者金融系と比べると、10%ほど実質年率(金利)が低くなることもあります。 金利の幅もほぼ横並びで大きな開きが有りません。
融資を受ける場合、借り入れた金額と期間によって金利が発生するのですが、その金利が少ないほど、返済を潤滑に進められるので、カードローンを利用する上では最も重要となるポイントです。
また、給与の振り込みや各種公共料金の引き落としなどを利用していると、提示されている以上の金利の優遇が適応される場合があります。

しかも、貸金業法の総量規制に引っかからない融資ですので、「年収の1/3以内」などと言った貸し出しの上限はありません。高額で目的のある借入であれば、利用しやすいのが特徴です。

融資の借入はもちろん、返済するのも常に利用している金融機関で対応してもらえますし、不明な点は全て窓口で相談することができますから、利便性の面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

そして、給与の振込、公共料金の引き落としなど、普段から利用している銀行という大きな組織がバックのため、その銀行の信頼性をそのままカードローンでも得ることができるので、大きい安心感を持てることが最大のポイントです。


デメリットは、信販系や消費者金融系のカードローンに比べて、審査が厳しいことです。

金利を重視される方なら断然銀行系のカードローンがおすすめなのですが、「他社で複数の借入が無いか」、「借入がある場合は借入金額が現在どのようになっているのか」など、返済能力の適正度合いを長時間に渡って審査されますので、現在の借入内容をまとめた上でご相談されることをおすすめします。
借入があるとしても1件程度でしたら、銀行系のカードローンを選択するべきでしょう。反対に他社からの借入が1件以上の方は、確実に落ちるとは言えませんが、審査で落ちる可能性が高いと言えるでしょう。

審査スピードについてですが、最近では他のカードローン会社と変わらないスピードで審査する商品も出てきています。
ですが、申し込みから融資までは、他の会社よりは時間がかかることが多い様です。


ちなみに、銀行カードローンと言っても、必ずしもその銀行の口座を持っている必要はありません。その時に一緒に申し込みができる場合もあります。

銀行系のカードローンは、銀行が提供する、個人向けの無担保ローンサービスです。

・BANQUIC(バンクイック)→三菱東京UFJ銀行が提供
・三井住友銀行カードローン→三井住友銀行が提供
・みずほ銀行カードローン→みずほ銀行が提供
・りそなプレミアムカードローン→りそな銀行が提供
・新生銀行スマートカードローン→新生銀行が提供
・楽天銀行スーパーローン→楽天銀行が提供
・ネットローン→住信SBIネット銀行が提供
・安心便利なモビット

銀行系カードローンの種類

銀行系カードローンは、更に2つの種類に分けることができ、銀行の窓口で手続きを行うタイプのものと、銀行子会社が運営するもの、それらをまとめて銀行系カードローンと言います。

つまり、同じ「銀行系カードローン」でも「銀行そのものがサービスしているもの」と「銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスしているもの」の2つのグループに分けることができるのです。

銀行そのものがサービスしているカードローンは、契約先が「銀行」。
銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスしているものは、契約先が「消費者金融」になります。


ここ数年で、不景気と消費者金融のイメージ上昇で、手軽に小額の現金が借りれるカードローンの利用者が爆発的に増えてきました。

そこで銀行は、自分の所でカードローンのサービスを始めたり、消費者金融を新しく作ったり、合併して子会社化したりしてこのカードローン業界に参入してきたと言われています。

★銀行そのものが行っているカードローン

・三井住友銀行カードローン
・スルガ銀行のダイレクトエース

★銀行と同じグループや子会社がやっているカードローン

・DCキャッシュワン(三菱東京UFJ銀行系)
・アットローン(三井住友銀行系)

※プロミスやアコムも銀行のグループに入っていますが、消費者金融の性質の方が強いので、一般的に銀行系カードローンには含まれません。

消費者金融(専業)系カードローン

テレビのCMなどでよく見かける、消費者金融の取り扱うカードローンです。
消費者金融と聞くと、あまり良いイメージを持たない方もいらっしゃるかと思いますが、利用の仕方を間違えなければ問題なく利用することができます。

銀行などで住宅ローンなどのサービスを受ける時には、借主に生命保険に入るよう、購入した住宅自体に抵当権が付けられることがほとんどなのに対し、消費者金融でのカードローンは基本的に無担保であるのが特徴です。


消費者金融系カードローンの最大のメリットといえば、やはり即日審査や即日融資、審査基準が低く審査に比較的通りやすいことではないでしょうか。
そもそもキャッシング(カードローン)というのは、突然利用することが多いものですので、融資までの時間が長いことが一番のデメリットとなってしまいますよね。
ですが、消費者金融系は融資までの時間が非常に短い為、すぐに現金を受け取ることができますので、急ぎの時や時間を浪費したくない方は消費者金融系が向いていると言えるでしょう。ネットから申し込んで30分ほどで審査結果が出るところも多くなっています。
カードもすぐに発行されるなど、即時性を持っているのがこの消費者金融系カードローンです。
また、定期的な収入があれば申し込みが可能となっており、他の銀行系や信販系カードローンと比べて審査基準が低いことから、アルバイトやフリーターの方でも借入することができる場合もあります。

消費者金融系カードローンは利便性も高く、テレビのCMで見かけるような大手の消費者金融会社のカードは、銀行やコンビニ等と提携したATMやCDが多く設置されており、返済にはATMやCD、コンビニ、銀行振込等の色々な方法が選べますし、パソコンや携帯電話から、融資の依頼などといった情報を得ることもできます。

更に、消費者金融系のカードローン会社にはサービス内容の向上について、最先端で新たなものを考え、提供し始めるという特徴があります。
例えばスピード審査や無人での契約、インターネットを使ったサービスなどは、現在では多くの金融会社が提供しているかと思いますが、元はと言えば消費者金融系のカードローン会社が提供し始めたサービスなのです。


非常に早い審査とそれほど厳しくない審査が魅力的な消費者金融系カードローンですが、全てが良いことばかりとは限りません。

消費者金融系カードローンは、銀行系や信販系に比べて金利が高めとなります。
これまでのメリットを考えますと、金利が高いことは多少目をつぶらなければならない部分ではありますが、計画的な借入をしないと、後に金利の負担が重くなってしまいますので注意が必要となります。

また、消費者金融系カードローンには、総量規制が適用となっていますので、借入限度額が年収の3分の1までに制限されてしまいます。

つまり、消費者金融系カードローンは、長期的な借入や大口の借入を目的とする方には向かない商品でしょう。


消費者金融系カードローンといえば、大手消費者金融会社から提供されている商品がほとんどですよね。
ではなぜ、大手消費者金融会社ばかりで中小の消費者金融のカードローンをあまり見かけないのでしょうか。
それは、利用できるATMが少ないために、カードを発行するメリットがあまりないという点にあるのだそうです。

・レイク
・プロミス
・武富士
・アコム
・ディック

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの比較

カードローンには「消費者金融系カードローン」と「銀行系カードローン」の2種類ありますが、どちらにしたら良いのかわからないという方も多いかと思います。
こちらではカードローンを利用するにあたって一番メジャーな消費者金融系カードローンと銀行系カードローン、この2つの特徴をわかりやすくまとめています。
比較の際にぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか。


まず両者で一番大きな違いは、総量規制の対象かそうでないかです。
総量規制とは、先述でもお話してきました通り、年収の3分の1以上は借入できない法律のことです。

そして消費者金融系のカードローンは銀行系に比べて審査が甘く、誰でも借りやすいというがメリットです。
また、銀行系カードローンは金利が安く、また限度額も高いというところが大きなメリットです。

消費者金融系はやはり銀行系に比べると利子が高く、限度額が低いという事がデメリットで、銀行系の場合には審査が厳しいという事がデメリットになっています。

どちらが良いのかはその方のニーズ次第ですが、基本的に短期間で小額の借入の場合なら、利子や限度額の差はそこまで気にならないと考えられるので、審査に通りやすい消費者金融系がおすすめかと思われます。
その逆で、長期間多額の借入の場合にはやはり銀行系がおすすめでしょう。

その時その時で、自分の借入のタイプやニーズと比べ、よりメリットを感じられる方を選ぶようにすれば失敗の少ないカードローン選びができるのではないかと思います。


最後に、以下では大きな違いが一目でわかるよう、簡単にまとめています。

《銀行系カードローン》
総量規制…対象外
専業主婦の借入…借入可能
融資限度額…大きい
審査…厳しめ

《消費者金融系》
総量規制…対象
専業主婦の借入…借入不可
融資限度額…小さい
審査…甘め

信販系カードローン

信販系カードローンとは、クレジットカード会社が運営しているカードローンのことを指します。
信販系カードローンの特徴としては、銀行カードローンと消費者金融系カードローンの中間的な位置付けになります。

信販系は、元々が通常のショッピング用のクレジットカードのサービスを行っていました。
ですが、カードローンで現金が借りたいというニーズが高まったことにより、ショッピング専用でないカードローンのサービスを始めたのです。
元々、信販会社がクレジットカードをメインとする会社であったことから、信販系カードローンと呼ばれるようになりました。

信販会社のカードは基本、ショッピング用とカードローン用と分かれているものが多く、予めショッピングも可能なもの以外は、カードローン専用のカードでお買い物をすることはできません。その点はクレジットカード申込み時に申込用紙をチェックしてみれば確認できるかと思います。
クレジットカード機能のみで良いという方は、カードローンが付いていないものに申し込みましょう。


信販系のカードローンのメリットは、普段から使用しているクレジットカードの会社なら、カードでの借入に抵抗がある方でも安心感と親近感を感じることができるという点です。
特に、セゾン(SAISON)や、オリックス(ORIX)、ライフ(LIFE)、楽天などは、広告でもよく見かける有名な大企業ですよね。
また、銀行系のものと比べると、審査の内容があまり厳しくないという利点もあり、この2点が理由で信販系のカードローンを利用している方が多いようです。

例えば、審査で銀行系の審査が通らなかった方でも、信販系のカードローンは問題なく審査が通ったというのはよく聞く話です。
低金利のカードローン会社は多少厳しいですが、積極的な貸し出しをしているところでは中小の消費者金融系とほとんど変わらない審査基準で審査を行っています。
銀行系の審査に通らなかった方や、銀行系では厳しそうだけど消費者金融系は避けたい等という方は、諦めずに信販系カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

また、クレジットカードが一体となった信販系カードローンであれば、買い物を始め、いざという時の急な出費にも1枚のカードで全て対応できてしまいますし、クレジットカードを海外で使うことができるのと同じように、海外でも現金を借入することができてしまうので非常に便利です。
クレジットカードに機能が付属していることが多く、すでにクレジットカードを持っている方であれば、新たに口座開設せずに利用することができます。クレジット機能付きで、返済も口座引き落としとなれば支払い忘れも無く安心ですよね。
このように、手軽にクレジットカードの延長線上で借入ができる使い勝手の良さが、利用者数を伸ばしている様です。

その他にも、利用用途の制約がなく、使い道が制限されていないという点が信販系カードローンの魅力です。コンビニなどに設置されているATMからも融資を受けることができる為、信販系カードローンの手続きさえしておけば、借りたい時はいつでも、限度額までなら何回でも利用が可能です。


金利についても、以前は消費者金融系と銀行カードローンの中間的な位置付けで、銀行系よりも多少高いというイメージを持っている方も多いと思いますが、最近では銀行系と同等の金利で貸し出しをする信販系カードローンも増えてきました。
銀行系と同等か、あるいは若干高いだけの金利にもかかわらず、銀行系と比べて審査に通りやすく、なおかつ信販会社によるカードの為、安心感が得られるとなれば、信販系カードローンを選びたくなるのも頷けますね。

ですが、信販系カードローンの利息は、銀行系がほぼ横並びなのに対して、会社によって利息の幅が大きいのも事実です。
銀行系のカードローンよりも低い利息のところもあれば、高いところでは消費者金融系並に高くなります。
例を挙げますと、低いところでは楽天クレジットの7.0%~17.8%、セゾンカードローンの8.0%~18%に対し、高いところではOMCカードの「フォーライフ」で24.0%~28.8%があり、一言で「信販系は利息が高い、低い」とは言えないのが状況です。
借りる額が大きくなればなるほど利息が低くなるなど、貸出金額によって利率が変わる会社も多く存在します。
信販系はクレジットカードのキャッシング機能が独立し、発展した専用カードを用いて融資限度額の上限によってコースが設定されています。そのコース別に融資金利が設定されているというのも特徴の一つです。

その他デメリットとしては、銀行カードローン、消費者金融カードローンよりも限度額が低いことや、あまりカードローンの展開をしているところが少ないことが挙げられます。

1 2





coolnegiさん



  • 話題の動画をまとめよう