銀行やその子会社が運営しているカードローンというで、銀行の窓口で契約します。
申し込みは、ATMコーナーに行くとパンフレットがありますので、自宅で記入して申請することも可能です。分からないことがある時は、窓口で聞くこともできますので安心です。


銀行系のカードローンを利用するにあたってのメリットは、なんと言っても金利の安さです。
信販系や消費者金融系に比べて、実質年率(金利)が低く抑えられており、消費者金融系と比べると、10%ほど実質年率(金利)が低くなることもあります。 金利の幅もほぼ横並びで大きな開きが有りません。
融資を受ける場合、借り入れた金額と期間によって金利が発生するのですが、その金利が少ないほど、返済を潤滑に進められるので、カードローンを利用する上では最も重要となるポイントです。
また、給与の振り込みや各種公共料金の引き落としなどを利用していると、提示されている以上の金利の優遇が適応される場合があります。

しかも、貸金業法の総量規制に引っかからない融資ですので、「年収の1/3以内」などと言った貸し出しの上限はありません。高額で目的のある借入であれば、利用しやすいのが特徴です。

融資の借入はもちろん、返済するのも常に利用している金融機関で対応してもらえますし、不明な点は全て窓口で相談することができますから、利便性の面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

そして、給与の振込、公共料金の引き落としなど、普段から利用している銀行という大きな組織がバックのため、その銀行の信頼性をそのままカードローンでも得ることができるので、大きい安心感を持てることが最大のポイントです。


デメリットは、信販系や消費者金融系のカードローンに比べて、審査が厳しいことです。

金利を重視される方なら断然銀行系のカードローンがおすすめなのですが、「他社で複数の借入が無いか」、「借入がある場合は借入金額が現在どのようになっているのか」など、返済能力の適正度合いを長時間に渡って審査されますので、現在の借入内容をまとめた上でご相談されることをおすすめします。
借入があるとしても1件程度でしたら、銀行系のカードローンを選択するべきでしょう。反対に他社からの借入が1件以上の方は、確実に落ちるとは言えませんが、審査で落ちる可能性が高いと言えるでしょう。

審査スピードについてですが、最近では他のカードローン会社と変わらないスピードで審査する商品も出てきています。
ですが、申し込みから融資までは、他の会社よりは時間がかかることが多い様です。


ちなみに、銀行カードローンと言っても、必ずしもその銀行の口座を持っている必要はありません。その時に一緒に申し込みができる場合もあります。

前へ 次へ