信販系カードローンとは、クレジットカード会社が運営しているカードローンのことを指します。
信販系カードローンの特徴としては、銀行カードローンと消費者金融系カードローンの中間的な位置付けになります。

信販系は、元々が通常のショッピング用のクレジットカードのサービスを行っていました。
ですが、カードローンで現金が借りたいというニーズが高まったことにより、ショッピング専用でないカードローンのサービスを始めたのです。
元々、信販会社がクレジットカードをメインとする会社であったことから、信販系カードローンと呼ばれるようになりました。

信販会社のカードは基本、ショッピング用とカードローン用と分かれているものが多く、予めショッピングも可能なもの以外は、カードローン専用のカードでお買い物をすることはできません。その点はクレジットカード申込み時に申込用紙をチェックしてみれば確認できるかと思います。
クレジットカード機能のみで良いという方は、カードローンが付いていないものに申し込みましょう。


信販系のカードローンのメリットは、普段から使用しているクレジットカードの会社なら、カードでの借入に抵抗がある方でも安心感と親近感を感じることができるという点です。
特に、セゾン(SAISON)や、オリックス(ORIX)、ライフ(LIFE)、楽天などは、広告でもよく見かける有名な大企業ですよね。
また、銀行系のものと比べると、審査の内容があまり厳しくないという利点もあり、この2点が理由で信販系のカードローンを利用している方が多いようです。

例えば、審査で銀行系の審査が通らなかった方でも、信販系のカードローンは問題なく審査が通ったというのはよく聞く話です。
低金利のカードローン会社は多少厳しいですが、積極的な貸し出しをしているところでは中小の消費者金融系とほとんど変わらない審査基準で審査を行っています。
銀行系の審査に通らなかった方や、銀行系では厳しそうだけど消費者金融系は避けたい等という方は、諦めずに信販系カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

また、クレジットカードが一体となった信販系カードローンであれば、買い物を始め、いざという時の急な出費にも1枚のカードで全て対応できてしまいますし、クレジットカードを海外で使うことができるのと同じように、海外でも現金を借入することができてしまうので非常に便利です。
クレジットカードに機能が付属していることが多く、すでにクレジットカードを持っている方であれば、新たに口座開設せずに利用することができます。クレジット機能付きで、返済も口座引き落としとなれば支払い忘れも無く安心ですよね。
このように、手軽にクレジットカードの延長線上で借入ができる使い勝手の良さが、利用者数を伸ばしている様です。

その他にも、利用用途の制約がなく、使い道が制限されていないという点が信販系カードローンの魅力です。コンビニなどに設置されているATMからも融資を受けることができる為、信販系カードローンの手続きさえしておけば、借りたい時はいつでも、限度額までなら何回でも利用が可能です。


金利についても、以前は消費者金融系と銀行カードローンの中間的な位置付けで、銀行系よりも多少高いというイメージを持っている方も多いと思いますが、最近では銀行系と同等の金利で貸し出しをする信販系カードローンも増えてきました。
銀行系と同等か、あるいは若干高いだけの金利にもかかわらず、銀行系と比べて審査に通りやすく、なおかつ信販会社によるカードの為、安心感が得られるとなれば、信販系カードローンを選びたくなるのも頷けますね。

ですが、信販系カードローンの利息は、銀行系がほぼ横並びなのに対して、会社によって利息の幅が大きいのも事実です。
銀行系のカードローンよりも低い利息のところもあれば、高いところでは消費者金融系並に高くなります。
例を挙げますと、低いところでは楽天クレジットの7.0%~17.8%、セゾンカードローンの8.0%~18%に対し、高いところではOMCカードの「フォーライフ」で24.0%~28.8%があり、一言で「信販系は利息が高い、低い」とは言えないのが状況です。
借りる額が大きくなればなるほど利息が低くなるなど、貸出金額によって利率が変わる会社も多く存在します。
信販系はクレジットカードのキャッシング機能が独立し、発展した専用カードを用いて融資限度額の上限によってコースが設定されています。そのコース別に融資金利が設定されているというのも特徴の一つです。

その他デメリットとしては、銀行カードローン、消費者金融カードローンよりも限度額が低いことや、あまりカードローンの展開をしているところが少ないことが挙げられます。

前へ 次へ