カードローンには「消費者金融系カードローン」と「銀行系カードローン」の2種類ありますが、どちらにしたら良いのかわからないという方も多いかと思います。
こちらではカードローンを利用するにあたって一番メジャーな消費者金融系カードローンと銀行系カードローン、この2つの特徴をわかりやすくまとめています。
比較の際にぜひご参考にされてみてはいかがでしょうか。


まず両者で一番大きな違いは、総量規制の対象かそうでないかです。
総量規制とは、先述でもお話してきました通り、年収の3分の1以上は借入できない法律のことです。

そして消費者金融系のカードローンは銀行系に比べて審査が甘く、誰でも借りやすいというがメリットです。
また、銀行系カードローンは金利が安く、また限度額も高いというところが大きなメリットです。

消費者金融系はやはり銀行系に比べると利子が高く、限度額が低いという事がデメリットで、銀行系の場合には審査が厳しいという事がデメリットになっています。

どちらが良いのかはその方のニーズ次第ですが、基本的に短期間で小額の借入の場合なら、利子や限度額の差はそこまで気にならないと考えられるので、審査に通りやすい消費者金融系がおすすめかと思われます。
その逆で、長期間多額の借入の場合にはやはり銀行系がおすすめでしょう。

その時その時で、自分の借入のタイプやニーズと比べ、よりメリットを感じられる方を選ぶようにすれば失敗の少ないカードローン選びができるのではないかと思います。


最後に、以下では大きな違いが一目でわかるよう、簡単にまとめています。

《銀行系カードローン》
総量規制…対象外
専業主婦の借入…借入可能
融資限度額…大きい
審査…厳しめ

《消費者金融系》
総量規制…対象
専業主婦の借入…借入不可
融資限度額…小さい
審査…甘め

前へ 次へ