銀行系カードローンは、更に2つの種類に分けることができ、銀行の窓口で手続きを行うタイプのものと、銀行子会社が運営するもの、それらをまとめて銀行系カードローンと言います。

つまり、同じ「銀行系カードローン」でも「銀行そのものがサービスしているもの」と「銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスしているもの」の2つのグループに分けることができるのです。

銀行そのものがサービスしているカードローンは、契約先が「銀行」。
銀行の子会社や同じグループの消費者金融がサービスしているものは、契約先が「消費者金融」になります。


ここ数年で、不景気と消費者金融のイメージ上昇で、手軽に小額の現金が借りれるカードローンの利用者が爆発的に増えてきました。

そこで銀行は、自分の所でカードローンのサービスを始めたり、消費者金融を新しく作ったり、合併して子会社化したりしてこのカードローン業界に参入してきたと言われています。

前へ 次へ