カードローンのサービスを提供している金融会社は、まず大きく2つの種類に分けることができます。
その一つが銀行で、もう一つが貸金業者です。

更にカードローンには2種類の商品があり、その違いは管理されている法律の違いによるものです。

銀行は銀行法という法律で管理されている会社で、そして貸金業者は貸金業法という法律によって
管理されている会社ですが、貸金業法で管理されている貸金業者の消費者金融は、融資枠に「総量規制」という制限がありますが、銀行法で管理されている銀行のカードローンには殆ど規制がありません。
この規制の違いは、融資枠の上限が法的に定められているか、定められていないかの違いになります。

しかし、現実問題は、銀行のカードローンの審査は概ね厳しい判断になる場合が多く、融資枠が簡単に取れる訳ではありません。
こうした一面があるので、銀行のカードローンは規制が無いとも言えるのです。

しかし、現在は多くの消費者金融が銀行グループの傘下として営業しています。
つまり、会社は管理されている法律の違いはあるのですが、企業としては銀行と同じグループとして経営されており、あまり大きな違いは無くなってきているのです。
ですが、貸金業法での規制は厳しく、多くの利用者に制限がかかってしまったことも事実です。

この為、消費者金融各社は拡大路線から競争路線へと舵取りをする必要がありました。
競争路線とは、借り換え需要を取り込んで他社の契約者を引き込む作戦です。つまり、客の取り合いをしなくては生き残れない時代になりつつあるのです。
こうした中、新たな収益源として銀行は自らカードローン業界に進出を始めました。ある意味では銀行の経営とは真逆に位置するであろう、損失の危険と紙一重であるカードローンの収益性に目を向けたのです。
規制が少ない銀行としてのメリットを最大限に活かして高い収益に期待しているのです。

ちなみに、貸金業者も2つの種類に分けることができ、その一つが消費者金融で、もう一つが信販会社です。

登録貸金業者情報を調べる場合は、登録貸金業者情報検索入力ページ(金融庁)で検索して調べることができます。

前へ 次へ