テレビのCMなどでよく見かける、消費者金融の取り扱うカードローンです。
消費者金融と聞くと、あまり良いイメージを持たない方もいらっしゃるかと思いますが、利用の仕方を間違えなければ問題なく利用することができます。

銀行などで住宅ローンなどのサービスを受ける時には、借主に生命保険に入るよう、購入した住宅自体に抵当権が付けられることがほとんどなのに対し、消費者金融でのカードローンは基本的に無担保であるのが特徴です。


消費者金融系カードローンの最大のメリットといえば、やはり即日審査や即日融資、審査基準が低く審査に比較的通りやすいことではないでしょうか。
そもそもキャッシング(カードローン)というのは、突然利用することが多いものですので、融資までの時間が長いことが一番のデメリットとなってしまいますよね。
ですが、消費者金融系は融資までの時間が非常に短い為、すぐに現金を受け取ることができますので、急ぎの時や時間を浪費したくない方は消費者金融系が向いていると言えるでしょう。ネットから申し込んで30分ほどで審査結果が出るところも多くなっています。
カードもすぐに発行されるなど、即時性を持っているのがこの消費者金融系カードローンです。
また、定期的な収入があれば申し込みが可能となっており、他の銀行系や信販系カードローンと比べて審査基準が低いことから、アルバイトやフリーターの方でも借入することができる場合もあります。

消費者金融系カードローンは利便性も高く、テレビのCMで見かけるような大手の消費者金融会社のカードは、銀行やコンビニ等と提携したATMやCDが多く設置されており、返済にはATMやCD、コンビニ、銀行振込等の色々な方法が選べますし、パソコンや携帯電話から、融資の依頼などといった情報を得ることもできます。

更に、消費者金融系のカードローン会社にはサービス内容の向上について、最先端で新たなものを考え、提供し始めるという特徴があります。
例えばスピード審査や無人での契約、インターネットを使ったサービスなどは、現在では多くの金融会社が提供しているかと思いますが、元はと言えば消費者金融系のカードローン会社が提供し始めたサービスなのです。


非常に早い審査とそれほど厳しくない審査が魅力的な消費者金融系カードローンですが、全てが良いことばかりとは限りません。

消費者金融系カードローンは、銀行系や信販系に比べて金利が高めとなります。
これまでのメリットを考えますと、金利が高いことは多少目をつぶらなければならない部分ではありますが、計画的な借入をしないと、後に金利の負担が重くなってしまいますので注意が必要となります。

また、消費者金融系カードローンには、総量規制が適用となっていますので、借入限度額が年収の3分の1までに制限されてしまいます。

つまり、消費者金融系カードローンは、長期的な借入や大口の借入を目的とする方には向かない商品でしょう。


消費者金融系カードローンといえば、大手消費者金融会社から提供されている商品がほとんどですよね。
ではなぜ、大手消費者金融会社ばかりで中小の消費者金融のカードローンをあまり見かけないのでしょうか。
それは、利用できるATMが少ないために、カードを発行するメリットがあまりないという点にあるのだそうです。

前へ 次へ