ガザ地区は2005年8月から9月にかけ、イスラエルのアリエル・シャロン首相とパレスチナ自治政府ファタハとの合意に基づいて、停戦を条件にユダヤ人入植地撤廃と軍の撤収が行われていた(ガザ地区撤退計画)。2006年1月のパレスチナ選挙で、パレスチナ人による国土回復を訴えるハマースが政権を獲得すると、撤収を進めたシャロンが病気によって退任するなど、事態が急変した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

イスラエルによるパレスチナ人虐殺の実態:ガザの大虐殺(2008-2009)

日本では「ガザ紛争」と呼ばれた事件があった。アラビア語では「مجزرة غزة」ガザにおける大量虐殺と言われる。

このまとめを見る