出典 upload.wikimedia.org

2008年12月27日、イスラエル空軍がガザ地区全土に大規模な空爆を開始した。1月3日、イスラエル軍はガザ地区への大規模な砲撃の後、歩兵、戦車、砲撃隊などの隊列が侵攻を開始し、事態は市街戦に発展、これに対して、ハマスが応戦した。

戦闘開始から3週間たった1月17日、イスラエルは一方的な「停戦宣言」を出し、部隊の引き上げを始めた。当然ながら、直後にハマースも抗戦を停止した。その後イスラエル軍は、アメリカのオバマ新大統領が就任した20日にガザの市街地からの撤退を完了した。

この情報が含まれているまとめはこちら

イスラエルによるパレスチナ人虐殺の実態:ガザの大虐殺(2008-2009)

日本では「ガザ紛争」と呼ばれた事件があった。アラビア語では「مجزرة غزة」ガザにおける大量虐殺と言われる。

このまとめを見る