出典 www.english.globalarabnetwork.com

イスラエル軍による白リン弾を用いた空爆

1330人のパレスチナ人が死亡し、5300人のパレスチナ人が重軽傷を負った。

一方、パレスチナ人の応戦により、10名のイスラエル軍兵士と3名の市民が命を落とした。

欧米や日本のマスコミは、「ガザ紛争」あるいは「Gaza war」として報じた。一方、アラブ諸国では「ガザ大虐殺(مجزرة غزة)」と呼ばれている。

この情報が含まれているまとめはこちら

イスラエルによるパレスチナ人虐殺の実態:ガザの大虐殺(2008-2009)

日本では「ガザ紛争」と呼ばれた事件があった。アラビア語では「مجزرة غزة」ガザにおける大量虐殺と言われる。

このまとめを見る