1. まとめトップ
  2. 雑学

実は勘違いしてる!ワイングラスの正式な持ち方

日本では何故か海外とは違うワイングラスの持ち方が浸透してしまっていた!正しい持ち方をまとめました!

更新日: 2013年10月09日

ひびきすさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
555 お気に入り 218274 view
お気に入り追加

皆が勘違いしてる持ち方

確かにこの持ち方だと、ワインの温度も変わらず、美味しく飲める気がしますよね。

日本だけのスタイルだった!

わが国ではワイングラスはステムの所を持つのが正しいというのが通説化しています

一般的な日本の書籍には見た目もエレガントに見えますし、温度変化も少ないことからレストランでもステムを持つのがルールと記載されていることが多いようです

じゃあどんな持ち方が正しいの?

欧米では、フォーマルな場でも大統領や王室の人達はワイングラスの“ボウル部分”を持っています(勿論、一般の方も!)。

ステムを持つのは、グラスに注がれたごく少量のワインの色や香りを見定めるための「テイスティング」の際に行われる持ち方

国際的なマナーとしてのワイングラスの正しい持ち方はワイングラスのボウル部分を持つこと。

シャンパングラスであれワイングラスであれ、立っていようと座っていようと、ともかく、グラスはカップ状の本体部分を持つのが当たり前です。

1





このまとめへのコメント3

1

ひびきすさん

見やすいまとめが作れるようがんばりますっ!

このまとめに参加する