1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

相手の欠点を指摘しない方がいい理由

相手の欠点が目について、指摘したくなることがあります。しかし、思い切って欠点を指摘しても、まず、いいことはありません。止むを得ずする時は、「長所とセットでさりげなく」しましょう。

更新日: 2013年10月19日

randoseruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1055 お気に入り 206082 view
お気に入り追加

★ 欠点を指摘しがちな人の特徴

自分の醜(みにく)さ、弱さ、狡(ずる)さを知っている者は、人の欠点を許せる人である。しかし、知らない人は許せない

欠点を指摘する人は、「他人の欠点を指摘することによってしか自分の優位性=存在価値を確認する術がない」余裕がない人

▼ 指摘したところで何も変わらない

「相手が変わる」 は幻想にすぎない・・・

相手にマイナスを指摘するときに、多くは「相手が変わること」を期待して言うことが多いですよね。指摘すれば変わってくれる

▼ 相手を傷つけることになる

《自分は誰とでもしゃべれる。アンタ何なの?》 みたいな言い方を平気でしてくる人が、本当に信じられないです・・・

▼ 相手があなたに対し心を閉ざす

僕は、これには賛成しません。人は欠点を指摘されると、ほとんどの場合、やる気にならないし、自信喪失するからです

▼ 相手の 「逆切れ」 を誘発する

人は、たとえ自分がどんなに間違っていても、それを認めたくないのです。だから、それを指摘されたら相手に対して、反抗心をおこす

1 2





わかりやすさとクオリティ重視です。
読者の役に立つ情報を丁寧にまとめます。

ジャンル:
ビジネス、自己啓発、子育て、恋愛、
雑学他

Twitter: http://bit.ly/RFda49