1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたは大丈夫?女性が「頻尿」になりやすい5つの原因

なんだか最近、トイレが近いな・・・と感じたことはありませんか?頻尿は自分で原因を作っていることが多いと言われています。自分が毎日、どれくらいトイレに行ってるのかを数えてみて、対策をして見るのも良いかも知れません。まとめました。

更新日: 2017年04月22日

蒼雲さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
326 お気に入り 1471194 view
お気に入り追加

最近、トイレが近いんです・・・。

今日やたらとトイレが近いな。一時間に三回とか。窓から入る風は涼しくて心地よいけど、体が冷えてるってことだょね。

どれくらいを「頻尿」と呼ぶの?

排尿は、だいたい普通ですと一日に6~8回くらいです。これが頻尿の人になると、2時間も我慢できずに一日10回以上も排尿することになります。

昼間8回以上、夜間2回以上トイレに起きるのでしたら、頻尿です。

原因1▼体の冷えから起こる。

冷えからくる頻尿の症状は、特に女性に多く見られるそうです。
まずは体をしっかりと温めてあげましょう。

冷え症の人は頻尿でになりやすい、という傾向があります。

体が冷えると臀部や鼠頚部が凝って、頻尿になります。特に、足の裏が冷えると、頻尿になります。

普段から冷え性の女性はもちろん、夏の冷房などが影響する冷えや冬の寒さなどによる冷えが、頻尿の症状を引き起こしています。

原因2▼コーヒーやお茶などの利尿作用が多いものを飲む。

コーヒーやお茶など、利尿作用があるものは、適量にしましょう。

美容のために、水をたくさん飲む女性もいますよね。
水を飲むのは、良いことではありますが、その分排尿が増えるということを覚えておかないと頻尿へ近づいてしまいます。

コーヒーやお茶に利尿作用があることはよく知られていることですね。適量であれば、もちろん問題がないのですが、多く飲み過ぎると頻尿を助長してしまいます。

コーヒーなどのカフェインを含んでいるものは利尿効果が高いともいわれていて、そういうものを飲むことで排尿の回数が増えてきます。

水分を摂ったらすぐにトイレに行きたくなるという人は、そもそも水分の摂りすぎなので、チェックしてみてください。

原因3▼トランス脂肪酸を多く含むものをよく食べている。

若い人にも頻尿・尿もれの人が多いのは、このトランス脂肪酸を多く含んだ食品を摂ることが原因と言われています。

パン、ドーナツ、ピザ、フライドポテト、チョコレート、ケーキ、アイスクリームなど、トランス脂肪酸を多く含むものを食べると、下腹部がモゾモゾして、頻尿になります。

原因4▼緊張やストレスで近くなることも。

ストレスと頻尿は関係なさそうにも思えますが、極度に緊張した状態や不安などがあると、トイレが近くなってしまうそうです。

緊張するとトイレが近くなるといわれています。精神的に圧迫されると脳にうまく排尿についての指示が伝達されず、すぐにトイレへ行ってしまうんだそうです。

映画館に入る前にトイレに行ったのに、席に座ってこれから始まるというときになってまたトイレに行きたくなったり、長時間の夜行バスに乗るとなぜかトイレが近くなってしまったり、これから大事な取引先と打ち合わせがあるなどのときもトイレが近くなったりしませんか?このように、ストレスが加わると、一時的に頻尿が起こります。

原因5▼膀胱炎から頻尿へ繋がるケースも。

膀胱炎は女性がかかりやすい病気と言われています。
そのまま頻尿へ繋がることもあるようです。
膀胱炎の場合は、痛みも伴うので、注意しましょう。

頻尿の原因としては、女性の場合膀胱炎が考えられます。

膀胱炎になると膀胱が炎症状態になり膀胱の感覚が鈍ってしまって尿意を止めるということがなかなかできなくなってしまいます。そのため少しでも尿意を感じるとトイレへ行くことが増え、そのまま頻尿へとなる場合がある

膀胱炎になると、膀胱に尿がためられる状態なのに、膀胱が敏感になって、おしっこがたまったと感知してしまい、尿意の信号を脳に送るため頻尿という症状があらわれます。

1





蒼雲さん