1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道具をレンタルする場合、スキー場で借りると割高な上に正直ダサいです・・・。
同じウェアを北人が何人もなんてことも。

スキー場に向かう道中にもレンタルショップがあったりするので事前に調べていくといいでしょう。

今はおしゃれな宅配レンタルで事前にかわいいウェアを借りて行く事も出来ます。
http://www.rakuten.co.jp/girlsfield/kaiso.html

スノボ専門のものがない場合は厚手の長い靴下を2枚重ねると快適です。

でかい財布は邪魔なだけです。
2000円も持っていれば食事とドリンクは事たります。

小銭はロッカーで使ったりするのであると便利。

初めてスノボをやる人は、万が一滑れなくてやる事がなくなったときにもゲレンデで遊べます。

リフトに乗っている時や、疲れて甘いものが欲しくなった時重宝します。
個別包装されたものを何個か持っていくといいでしょう。

怪我をした時の為に必ず持って行きましょう。

腰に付けておくと、グローブやゴーグルを付けられて便利。
スキー場のレストランはセルフサービスが多いですし、トイレ等手が空くと何かと便利です。

スノーボードをする時に腕時計はしないほうがいいです。
手を付いたときに壊れるし、腕時計が原因で怪我をする可能性もあります。


お勧めなのがカラビナ付きの時計です。
ベルト通しにつけておくと便利ですよ。

複数枚を用意して、小物入れとして使っています。
iPhone、お金、キー、小さくたたんでゲレンデマップなども入れておきます。
また乾燥剤をいれておけば、ゴーグルのダブルレンズの内側が曇ったときに
入れておけば曇りがとれます。

顔全体に塗るのは勿論のこと首の後ろにも塗っておこう!!
日焼け止めクリームはゴーグルのところに特にたくさん塗ろう。
ゴーグル焼け(ゴーグルの跡がくっきりした逆さパンダ・ドロボー焼け)しないように!!女の子には必需品だね。
ゴーグル焼けって山に居るとへっちゃらなんだけど地元に帰るとちょっと後悔?!

チケットを入れられるパスポケットが付いたウエアが増えてきたけど、ウエアに付いていない人は購入しよう。
首からぶら下げるタイプのモノはリフトに引っかかる可能性があるからとても危険!使う時は注意!

1