玄関の鍵は締まっており、ただし勝手口の鍵は開いていた。

侵入や争った形跡、血液反応もない。

順子さんのバッグには、旅行代金15万円が入ったままであり、一家の定期貯金も手つかずのままである。

山上さんの車がなくなっていたが、順子さんと千枝さんの携帯電話と免許証、政弘さんのポケベルも置いたままでだった。

順子さんが行くはずの旅行に持っていくであろう鞄が準備されていた。

またパジャマが見当たらないことから、サンダル履きのパジャマ姿でほとんど何も持たず家を出たと推測される。

母屋の台所と廊下の電灯がついたままで、翌朝の朝食が虫除けネットをかけた状態で準備してあった。

前へ 次へ