1. まとめトップ

【○○サウルス】『恐竜』の人気ランキング

恐竜の人気ランキングをご紹介します。

更新日: 2013年10月09日

17 お気に入り 176682 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ezeightさん

一位

中生代白亜紀末の北アメリカに生息していた大型の肉食恐竜。
最大全長13mに及ぶ史上最大級の陸上肉食動物であり、もっとも有名な肉食恐竜である。
白亜紀後期を代表する恐竜とされるが、生息期間はわずか500万年、地層年代でいうとマーストリヒト期のみと非常に短い。

二位

中生代白亜紀末の北アメリカに生息していた大型の植物食恐竜。

同時代・同地域から見つかる植物食恐竜はほとんどトリケラトプスばかりである。全長は約9m、推定体重は約5~9tでアジアゾウと同じくらい。

肉食恐竜の代表的存在がティラノサウルス(ティラノサウルスは恐竜そのものの代表的存在としても扱われるが)なら、植物食恐竜のそれはトリケラトプスだと言われるくらい有名で人気の高い恐竜である。

三位

中生代ジュラ紀末の北アメリカに生息していた中型~大型の植物食恐竜。

全長は最大約9mに達するが、個体によっては4m程度。近縁のヘスペロサウルスなどを含めることもある。

四位

五位

全長は13 - 17メートル。最大級の獣脚類であり、部分的なものではあるが非常に巨大な骨格も発掘されている。体つきは有名な大型肉食恐竜ティラノサウルスに比べ幾分華奢であり、体重は4 - 7トン程と推定されている。学名の元になった、高さ1.8メートルにもなる胴堆の棘突起は、生体では皮膚に覆われた帆を形作っていたと思われる

六位

中生代白亜紀末の北アメリカに生息していた小型~中型の植物食恐竜。いわゆる「石頭恐竜」である。
全長は以前は8mにもなると言われていたが、現在では3~5mとされる。

七位

発掘された化石から体長:2.5~4メートル、体重:50~70キログラム前後とされている。2足歩行で尾が細い腱に囲まれている。15センチメートルに及ぶ後肢の第2指の大きな鋭い鉤爪が特徴。また、手根骨を持っているため前肢の手首の可動範囲が広かった。恐竜の中では大きな脳を持ち、知能が高かったと推測される

八位

中生代白亜紀末の北アメリカに生息していた大型の植物食恐竜。全長は最大約9m、推定体重は9トンに達する最大の鎧竜だが、6m程度の個体が多い。

九位

中生代白亜紀後期の北米に生息していた、全長10m・推定体重2.5tの大型植物食恐竜。
特に繁栄した植物食恐竜のグループである鳥脚類のうち、最も派生的な特徴を持つランベオサウルス類の一つ。なお、鳥脚類は鳥竜とも呼ばれたが鳥類とはあまり関係がない。
トサカの形状により3種に分類されるが、雌雄差や個体差かもしれない。

十位

中生代白亜紀後期のアジア(主にモンゴル)に生息していた、全長2m・推定体重15kg程度の小型肉食恐竜。
特に鳥に近い恐竜の一つでもあり、人によってはこのあたりから鳥類に含めている。

1