1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

こんなに進化している都立高校!~チャレンジスクール編~

東京都が既存の高校を改組してつくった、"チャレンジスクール"をまとめてみました。

更新日: 2013年11月01日

28 お気に入り 86404 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyo888さん

チャレンジスクールは、小・中学校での不登校や高校での中途退学を経験した生徒など、これまで能力や適性を十分に生かしきれなかった生徒が、自分の目標を見つけ、それに向かってチャレンジする学校です。

内申書不要・単位制による幅広い選択可能科目・カウンセリング体制の充実など、新しい試みを行っている。

自分のペースで4年間かけて卒業できますが、他部の授業をあわせて受けることによって、3年間で卒業することも可能です。

単位制かつ時間割が個人に任されることが多いので、卒業までのペースは一人ひとりに合わせられるようです。

不登校でも進学しやすい受験のしくみ!

教科試験がメインの他の高校と違い、チャレンジスクール(桐ヶ丘・六本木・大江戸・稔ヶ丘・世田谷泉)は作文と面接の試験の点数が大幅に合否を分かちます。

つまり内申書(成績)は関係なく、作文・面接・志願申告書で合否が決まります。

チャレンジスクールに指定されているのは5校!

所在地:東京都江東区千石
最寄駅:都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」、東京メトロ東西線「東陽町駅」

二人担任制(1・2年次)、きめ細やかなカウンセリング体制などを特色としています。総合学科の系列は情報・ビジネス系列、伝統・文化系列、生活・福祉の3系列。

所在地:東京都世田谷区北烏山
最寄駅:京王線「千歳烏山駅」

緑が多く都内高校でも有数の広い敷地内には、校舎の他多くの施設・設備がある。

校庭が広く、多彩な系列に合わせ保育や調理、機械加工などの様々な実習室などがあるようです。

所在地:東京都北区赤羽北
最寄駅:JR埼京線「北赤羽駅」、都営地下鉄三田線「志村坂上駅」

総合学科(福祉・教養系列、情報・ビジネス系列、アート・デザイン系列)を設置しています。

桐ヶ丘高校の特色はいくつかありますが、授業の特色としては「わかる授業」をモットーに、「楽しい授業」を心がけています。 “わかる授業”とは、わかるまで指導するということで、15人程度の少人数で、生徒が楽しいと感じるような授業をします。
相談体制も充実しています。ホーム担任の他に、生徒自身が指名するパーソナルチューター(心の担任)やスクールカウンセラー、メンタルフレンドシップアドバイザー(大学院生)、養護教諭も3名います。

所在地:東京都港区六本木
最寄駅:東京メトロ日比谷線「六本木駅」、都営大江戸線・南北線「麻布十番駅」

六本木高校は、演劇や声優、舞踊などの授業があります。身体表現・舞台表現に興味がある方には魅力的な選択科目が多いかもしれません。

所在地:東京都中野区鷺宮
最寄駅:西武新宿線「下井草駅」

本校の目指すところは、みなさんの「勁い心」「自立した未来」を育てることです。そのために、「安心してチャレンジできる」生活環境を大事にします。15 人から始めるクラス編成、担任や教科担当・スクールカウンセラーのほかに、お兄さん・お姉さん的存在の大学院生のメンタルフレンドもみなさんの話し相手になります。そして、誰もが安心して学習できる環境をつくるために、集団生活のルールを守る指導や、頭髪・服装などの身だしなみ指導を徹底しています。

稔ヶ丘高校では、「勁(つよ)い心を育てる」というテーマのもと、特徴的な授業を設けています。それは、教科の土台となる学習スキルを磨く「コーピング・メソッドタイム」と、人間関係スキルやストレス対処法を学ぶ「コーピング・リレーションタイム」です。

教育課程・系列

総合学科は、普通科に比べてたくさんの選択科目があり専門的な科目も学習できます。また、工業高校や商業高校、普通科のコースなどと違い、どんな専門科目を選ぶかは入学してから決めます。自分の興味や進路希望に合わせて各科目群にまたがった科目選択もできます。

5校とも総合学科のチャレンジスクール。普通科とはこんな違いがあります。

設置している科目も、学校によって様々です。系列ごとに見ると学校の特色がみえてきます。

大江戸高校  伝統・文化系列 生活・福祉系列 情報・ビジネス系列
世田谷泉高校 生活・福祉系列 製作・技術系列 創作・表現系列
桐ヶ丘高校  情報・デザイン系列 ビジネス・コミュニケーション系列 人間・環境系列
六本木高校  芸術・カルチャー系列 情報・マネジメント系列 保育・ケアサービス系列
稔ヶ丘高校  福祉・教養系列 情報・ビジネス系列 アート・デザイン系列

気になる受験倍率は…!?

◆大江戸高校
2013年度 男:2.37 女:1.79
2012年度 男:2.94 女:2.43
  
◆世田谷泉高校
2013年度 男:1.58 女:1.26
2012年度 男:1.93 女:1.53

◆桐ヶ丘高校
2013年度 男:1.66 女:1.32
2012年度 男:2.31 女:1.59

◆六本木
2013年度 男:2.40 女:1.45
2012年度 男:4.44 女:2.00

◆稔ヶ丘
2013年度 男:1.61 女:1.28
2012年度 男:1.65 女:1.18

※応募倍率ではなく、実質倍率です。

外部リンク

1 2