1. まとめトップ

キャンプで重宝する!鍋を使った米の炊き方

覚えておくと便利かも?鍋で米を炊く方法を紹介します。

更新日: 2013年10月17日

145 お気に入り 207424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

roomPeg335さん

キャンプ場に炊飯器はありません。とりあえず、鍋で米を炊く方法を覚えておきましょう。

初めに工程を

1.漬け込み時間を30分以上取って十分に水を吸い込ませ、
2.中~強火で沸騰させ、
3.噴いてきたら沸騰が続く程度に火を緩めて、
4.あらかた水分が飛んだところで火から下ろして芯がなくなるまで蒸らす

1.漬け込み時間を30分以上取って十分に水を吸い込ませる

まずは米を研ぎ、水を注ぎます。

ここで注意しなくてはいけないのは、水の量です

適当な鍋を使うと、「ここまで水を注ぐ」などといった目印が無かったりします

比率でいうと、米と水で「1対1」もしくは「1対1.2」と言われています。
米一合は、一般的に「180cc」です。ここは計量カップで慎重にやりましょう。

米に水を注いだ後、30分程度そのまま放置しておくといいです。
米に水が染みこんで、失敗の可能性がぐんと減ります。

2.中~強火で沸騰させる

鍋に蓋をして、火にかけましょう

このようなバーナーがあると便利です

十分に吸水時間をとれたのなら、いきなり強火で初めてしまっても大丈夫です。

3.噴いてきたら沸騰が続く程度に火を緩める

これは鍋の容量にもよりますが、沸騰してくると鍋が吹きこぼれ始めます。
ここで焦ってはいけません。吹きこぼれているということは水が残っているということで、焦げる心配はありません

鍋が大きくて吹きこぼれない可能性がある場合は、沸騰してるかどうか確かめる必要があります。

確かめるオススメの方法は二つです。
1.鍋の蓋に軽く手を触れてみて、振動を確認
2.鍋に耳を近づけて、「ボコボコ」とした音を確認

ここから、「そこそこ水が飛んだかな」という頃合いで火を弱めます。
このさじ加減が一番難しいポイントです。

吹きこぼれが確認出来ていた場合は、吹きこぼれなくなった頃合いでいいでしょう。
確認できていなかった場合は、沸騰が終わる少し前まで張り付くのが安全かもしれません。

このあたりでどうしても不安になるなら、すこし蓋をずらして中の水を確認しても大丈夫です(あまり推奨はしませんが・・・)

4.あらかた水分が飛んだところで火から下ろして芯がなくなるまで蒸らす

「沸騰が完全に終わった頃合い」で、鍋を火から降ろしましょう。

ここで重要なのは、「水を全て飛ばすこと」です。
火から下ろす前に少し蓋をずらして確認してみましょう。
まだ水が残っているようなら、まだ火にかけておく必要があります。

まだ終わりではありません。
しばらくそのまま蓋を開けずに蒸らして、水気を飛ばしましょう。

焦がさないようにも注意しなければいけません。
水が無くなっても火から下ろさなければ、今度はこげてしまいます。

1 2