1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【夢の技術】2020年には実現!?加速する自動運転車の開発競争

自動運転車の開発競争が一段と激しくなっています。実用化へのハードルは高く社会的な課題が多くありますが、交通事故の大幅な減少、渋滞の緩和、環境負荷の軽減など大いなる可能性を秘めています。

更新日: 2013年10月20日

105 お気に入り 70356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hy02さん

2020年代の高速道路は自動運転!?

国土交通省の「オートパイロットシステムに関する検討会」は、高速道路上の自動運転を実現するための中間とりまとめとして「オートパイロットシステムの実現に向けて」を公表

2020年代初頭ごろまでに、高速道路本線上で、混雑時の最適走行を除く高度な運転支援システムによる連続走行、2020年代初頭以降に、分合流部、渋滞多発箇所など、混雑時の最適走行を含む高速道路本線と連結路で高度な運転支援システムによる連続走行を実現する目標を掲げた。

自動運転が特に注目されるようになったのは、全地球測位システム(GPS)など様々な無線技術やセンサー技術、情報を遠隔で共有できるクラウド技術などが登場したためだ。そうした技術を組み合わせれば、無人でも運転できるようになる。

しかし社会的課題は多い

自動運転車の実用化には事故が起きた場合の法的責任の所在や、保険会社の対応、安全基準の規格制定など、行政側の対応も課題

いちばんの問題は、完全な自動運転の走行に対してだれが責任を持つかという問題だ。事故を起こしたとき、その責任はメーカーだけに押し付けるべきなのだろうか。車の持ち主だろうか。乗っていた人だろうか。

法的に整備がされたとしても、実際に人身事故になった場合、被害者はだれに感情をぶつければいいのだろうか。これは、自動運転に限った問題ではないかもしれないが、議論やコンセンサスの形成には時間を要する問題である。

世界で開発競争が激化

グーグルによる自動運転車

現在、自動運転車は技術開発の競争が最も激しい分野の一つ。GPSや路面の状況を把握するセンサー技術、カメラの映像から路面や周囲の状況を分析する技術など多くの要素技術を組み合わせなければならず、自動車メーカーだけでなくGoogleも参戦している。

世界を見渡せば、この夢の車への開発競争は勢いを増すばかりで、米ゼネラル・モーターズ(GM)や米フォード・モーター、独アウディ、独ダイムラーなどもこぞって参入を表明。特にITと軍事技術で先行する米国で実証実験を始める動きが活発になっている。

日本メーカーも負けていない!!

2020年までの発売を目指す日産

日産は試作車を公開

日産自動車は、人が運転操作をしなくても自走する「自動運転車」を2020年までに、「手頃な値段」(日産幹部)で発売する計画を打ち出した。試作車は、EV「リーフ」がベース。

自動運転技術は、レーザースキャナーと車載カメラを5個ずつ用いて、車両の周囲360度の状況を常時把握する。そして、他の車両に遭遇した際には、人工知能で対象車両の動きを解析し、蓄積された知識の中からその場に応じた適切な行動を選び出してハンドルやブレーキなどの運転操作を自動で行う。

ただし、この自動運転車は、ドライバーの運転を高いレベルで支援する技術(高度運転支援技術)を搭載する車両としてナンバーを取得しており、ドライバーが常に操作介入を行えることが前提となっている。ドライバーが運転席に乗らない状態で、自動運転による走行を公道で行うことはできない。

新型アイサイトを発表したスバル

現行のアイサイト搭載車

富士重工業は2日、衝突回避支援システム「アイサイト」の性能を大幅に向上させ、2014年発売の新型車から順次搭載すると発表

カメラの性能向上により危険を素早く察知して、自動ブレーキで止まれる速度を現行の時速30キロメートルから、市街地走行で一般的な同50キロメートルまで高めた。

同社は2020年代をめどに高速道路で自動運転が可能になる水準の技術開発を目指しており、「次世代アイサイトで自動運転に一歩近づく」

ホンダも開発競争に参入

ホンダは「第20回 ITS世界会議 東京2013」で、自動運転車を使ったデモ走行を披露した。東京ビッグサイトの駐車場内に設けた特設コースを自動運転するもので、無線LANの信号を使って、歩行者や小型電動車両との衝突を避ける機能などをアピール

「二輪車・四輪車・電動カート・歩行者が、通信とセンシング技術により相互連携することで、わくわくするモビリティの楽しさはそのままに、安心・安全で便利なサービスを提供する」

ホンダは現時点で自動運転車の実用化は未定としているものの、同社幹部は「必要な技術を蓄積して、今後発売する市販車に新技術として採用していきたい」としている。

トヨタはやや慎重な姿勢

1 2





このまとめへのコメント1

  • pommerさん|2013.10.11

    はやく実用化して欲しい。いつ事故るかもとドキドキしながら運転するのはきっつい。でも仕事で車は必要だし、田舎じゃくるまなければ何も出来ないからね。

1