1. まとめトップ

今からでも遅くない!「朝活」って具体的に何をやればいいの??

朝のちょっとした時間を活用することで、日々の生活の価値をぐっとあげることができます。そんな朝活におすすめのやるべきことをまとめてみました。

更新日: 2013年10月10日

68 お気に入り 6450 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

語学を磨く

英語をマスターしたいのになかなか時間が取れない…と悩んでいるビジネスマンにお薦めなのは、朝に勉強することです。オンライン英会話でも早朝レッスンに対応するスクールが増えています。

hanaso
http://www.hanaso.jp/

Ecom
http://www.e-comenglish.net/

EnglishEverywhere
http://www.englisheverywhere.com/

朝一番でバーンと英語をやっておくと、起きている間ずっと、脳の英語モードが緩やかに続くのです。だから日中いつもどおりに生活していても、英語に関する情報がキャッチしやすくなる。

自覚はなくても、なんとなく英文が目に入ってきたり、構えずに英語の音が聞けたりするはずです。朝学習の習慣化は、長期的には必ず大きな違いになってきます。

ビジネスシーンでも英語力が求められるようになってきた昨今、英語力を伸ばすために「朝活」に取り組む人が増えている。朝のすっきりした頭で英語を学べると好評だ。

朝から英語でディスカッションすることで、頭の活性化と語学力の両方をゲットしましょう!

朝食会や勉強会への参加

友人や仕事での関係がある人と朝食を共にして、知識の共有のために時間を使うのも良い習慣だと言えます。ホテルなどで朝食会用のプランが用意されていることもあります。

https://www.facebook.com/hotelmo

昼間は仕事中なので、自由が利かないという方がほとんどでしょう。そんな昼や夜と比べて、朝の時間は「思い通りに使える時間」です。

今、朝の時間を充実させたいと願う人々が朝集まって一緒に食事をとりながらお話をする『朝食会』が人気です。異業種交流会の朝バージョンに近いノリですね。

朝食会(ちょうしょくかい)は、近衛文麿内閣の政策研究会、政治勉強会。朝食を共にして議論が交わされたのでこの名が付けられた。

運動やスポーツ

朝の時間を運動に使うことにもメリットがあります。短時間でも体を動かすことで、血行を良くし頭をスッキリさせてくれる効果があります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/390123/

15分から30分程度でも活発な運動を朝に行うことで、身体がより多くの酸素を吸収して血の巡りが良くなり、生き生きとした気分になります。肉体的にも精神的にもエネルギーが上がり、忙しい一日に備えられるようになるのです。

運動をすることで脳への血流が促進され、酸素やエネルギーが供給されることによって、脳は常に活発に活動している状態といえるでしょう。

トレーニングにより交感神経に着火することで、早い時間から身体は“エネルギー消費モード”に入るので、その日、同じスケジュール・同じ過ごし方をしたとしても、格段に一日のトータル消費量は上がってきます。

1