夏から秋になると、日照時間が減少して明るさが低下しますが、
精神の安定化を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、
食欲の調整にも深く関わっているセロトニンは、
日光にあたった時間によって分泌量が調整されることがわかってきました。
つまり、日を浴びることが少ない秋には、
夏に比べセロトニン分泌量は減少してしまうのです。

日光にあたる以外に、セロトニン分泌量を増やす方法は、糖質、乳製品、肉類の摂取や睡眠をとること。

出典秋になると食欲がアップするのはなぜ?:タニタ からだクローズアップ

秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、
精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

我慢せずに食欲の秋、冬太りを回避する3つの方法

秋になると太ってしまう3つの原因とその対処法とは?簡単に実行できる方法をまとめてみました。

このまとめを見る