カフェインには脂肪の分解を促進するリパーゼと言う酵素を活性化します。
それによって体内の貯蔵脂肪が分解されて血液中に送り込まれ、
さらに筋肉に送り込まれてエネルギーとして消費されます。
と言う事は、体内の脂肪が
カフェインを飲む事によって分解されやすい状態になる訳です。

出典カフェイン ReformDietetics

カフェインの脂肪燃焼効果は、運動前に飲むと効果が高いとされています。
ここで、運動前に飲むと効果がある量としましては、諸説様々なのですが、
コーヒーでは2~3杯、日本茶ですと5杯~6杯程度であるとされています。
ですが、全く飲まないのとでは、効果が明らかに違うそうですので、
1杯でも効果があると考えても良いのではないでしょうか。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

我慢せずに食欲の秋、冬太りを回避する3つの方法

秋になると太ってしまう3つの原因とその対処法とは?簡単に実行できる方法をまとめてみました。

このまとめを見る