1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

事務所が活動自粛を発表…薬物疑惑を認めたASKAの今後は?週刊文春は反論

週刊文春の報道で薬物疑惑を報じられ、その後同誌のインタビューで疑惑を一部認めた「CHAGE&ASKA」のASKAこと飛鳥涼さん。当初から事務所はインタヴューには関知していないとしていましたが、その後ASKAさんの活動自粛を発表。今後が心配されるASKAさんの騒動についてまとめました。

更新日: 2013年10月11日

16 お気に入り 69024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・週刊文春の報道で薬物疑惑が報じられていた「CHAGE&ASKA」のASKAさん

薬物問題が報じられたASKAさん

2013年8月に「週刊文春」で覚醒剤使用と暴力団からの脅迫疑惑を報じられた「CHAGE and ASKA」の飛鳥涼(55)

8月、覚せい剤を吸引している映像をネタに暴力団員に脅されていると「週刊文春」に報じられたASKA

深刻な覚せい剤中毒に陥り、覚せい剤を使用する映像を元に暴力団関係者から脅迫されていたことが報じられた

・ASKAさんはいったんは疑惑を否定

報道後、いったんはオフィシャルサイトで疑惑を否定していたASKAさん

薬物疑惑が報じられていた音楽デュオ・CHAGE and ASKAのASKAが9月27日、公式サイト上で声明を発表

「違法なことは一切やっていませんし、あのような言動、行動に関しましても、一切ありません」と薬物使用疑惑を否定していた

・が、その後の週刊文春のインタビュー記事でASKAさんは一転して疑惑の一部を認める

なんど疑惑を一部ながら認めるという衝撃のインタビュー

ASKAは覚醒剤の使用を否定しながらも「アンナカ」と呼ばれる安息香酸ナトリウムカフェインを服用したと説明

薬物を暴力団員から受け取っていたこと、吸引するシーンを盗撮され、それを使って金をせびられていたことなどを認めた

・所属事務所はこの文春の記事に一切関知していないとする

所属事務所は記事に関して関知していないとのコメント

インタビュー記事について、ASKAの所属事務所は「弊社は一切関知しておりません」とのコメントを発表

この度、週刊文春10月17日号に掲載されたASKAのインタビュー記事について、弊社は一切関知しておりません」と異例の発表

契約問題に発展する可能性もあるが、担当者は「事実関係を確認してから報告いたします」と話すにとどめた

・その後、所属事務所からASKAさんの活動自粛が発表される

インタビュー記事を発端に、ASKAさんは活動自粛へ

ASKAが、薬物使用疑惑について告白したことを受け10月10日、所属事務所はオフィシャルサイトを通じ、ASKAの活動自粛を発表

事務所の発表によると、報道に関して『週刊文春』の記者へ取材ではなく個人的に話をしたいという衝動的な気持ちからASKAが連絡

結果的に記事として掲載されたが「本人が承諾したものではありません」といい「これらの経緯について弊社は一切関知しておりません」と強調

活動自粛に追い込まれたASKAさん

「これらの経緯についても本人の認識が甘く、極めて不適切な行為であったと疑われても否定できません」と怒り

同社社長とASKAが10月9日に話し合い、一連の報道で世間を騒がせた影響と社会的責任を踏まえ、ASKAの活動自粛を決定

・事務所は今後もASKAさんは体調回復につとめるとする

1 2 3