1. まとめトップ

【動画あり】Windows10 HDDの空き領域を一気に増やす

Windows 7、Windows8.1では簡単な操作で数ギガ空き容量を増やすことができます。またWindows10へ無料アップグレードした場合、アップデート前のOSがWindows.oldという数十ギガのファイルとして残ります。Windows10から元のOSに戻さない場合は削除してもかまいません。

更新日: 2019年08月12日

39 お気に入り 322197 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zzzz888さん

Windows.oldフォルダとは

windows10へのアップグレード前のOSのバックアップフォルダ。windows10を元の環境に戻すために使われます。サイズは数十ギガと巨大なのでwindows10アップグレード後、一定期間PCに問題が発生していなければ削除することも可能です。ただし、アップグレードから1か月たつと自動的に消去されるので、ディスク容量に十分な空きがあれば何もしないというのも手です。

【重要】

この操作を行うと、以前のバージョンのWindowsに戻すことはできません。

1.これがwindows10に無料アップグレードの際残ったWindows.oldフォルダです。25GBも容量をとっています

2.Windowsキー+Rを押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「cleanmgr」と入力します。

3.ドライブ選択画面が表示されます。Windows.oldフォルダはCドライブなので「C:」のままOKをクリックします。

4.ディスククリーンアップが表示されます。「システムのクリーンアップ(S)」をクリックします。

5.削除項目を選択する画面です。今回は「一時Windowsインストールファイル」と「以前のWindowsのインストール」を選択しOKをクリックします。この操作を実施した後、過去のOSには戻せません。

6.確認ダイアログが表示されます。削除してしまうと以前のOSには戻せません。問題がなければ「はい」をクリックします。

7.処理が実施されます。私の環境では再起動を含め20分程度で終了しました。
終了しても特にメッセージは表示されません。

【結果】空き領域が16GB増えました

ここからWindows7、Windows8.1の削除手順

「ディスククリーンアップ」ツールに追加された「Windows Update Cleanup」オプション

マイクロソフト社は2013年10月の定期アップデートで「ディスククリーンアップ」ツールに「Windows Update Cleanup」オプションを追加しました。(Windows7 SP1向け)
Windows8、Windows8.1では最初からこのオプションが追加されています。
クリーンアップの手順はWindows7と同じです。

「Windows Update Cleanup」オプションは、これまで削除できなかったWinSXSフォルダを整理できます。 実際に試してみたところ、1GB~2GB程度容量を削減できました。

そもそもWinsxsフォルダーとは

Winsxsフォルダーには、これまでに適用したセキュリティパッチやサービスパックに含まれているファイルがすべて保存されていて、システムの整合性を維持するために利用されるからだ。

削除すると・・・

1 2