1. まとめトップ
  2. ガールズ

結婚生活が楽しくなる!こんな女性がいい

結婚生活が楽しく成りそうで「この人はいい奥さんになりそうだな」と思うポイントって何なのでしょうか?その辺を詳しくまとめてみました。

更新日: 2014年04月30日

2540 お気に入り 745779 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happyjokerさん

「経済観念がしっかりしている」

「飲み会とかで店のクーポンを出していたり、お弁当を毎日作っていたり、経済観念がしっかりしている一面が見えた瞬間、『おお!』と思います。

反面、稼ぎに見合わないブランド品をたくさん身につけていたり、贅沢な食事ばかり好む女性には、華やかだけど家庭的なイメージは持ちません」

コミュニケーション力のある女性

家族をきりもりし、子育てをし、親親戚付き合いをこなす。さらには人生のさまざまなピンチも2人で話し合って乗り越えていかないといけません。そのとき、妻は“自分の考えをしっかりと前向きな言葉で表現する力”が必要になります。

相手の考えを理解し、要約して解釈する能力も必要です。「理解力」「表現力」がある女性と結婚することで、コミュニケーションがスムーズになり、ストレスは半減します。

旦那の家庭色に染まる素直さがある

家庭の違いは、文化の違い。「朝食はパンかご飯か?」からはじまり、ライフスタイルや価値観は、ほとんど違うもの。相手の親と別々に暮らしていれば、普段はそんなに心配をする必要はありません。

自分達の言うことをよく聞き、「自分達の家庭色に染まる嫁」がいい嫁なんですね。

できるための方法を考える女性

万事において「できない理由」ばかり考える女性と家庭を持つと幸せ度が半減します。物事が消極的になってしまいます。人生そのものも「控え目」でおもしろみのないものとなる可能性も。ピンチのときもすぐに諦める、投げてしまうという展開にもなりがちです。

。突破するための方法を考えられる、思考回路がタフな女性を選びましょう。学歴などに関係なく「ポジティヴ思考」「アクティヴなフットワーク」を持つ女性がオススメです。

料理上手

「家に帰ってきておいしい料理があるだけで幸せ」「ときどき新作の料理が出てきたりすると、生活がマンネリ化しないし、いろいろがんばってくれているんだなあ、とうれしくなる」やはり男性は胃袋をつかまれると弱いのでしょうか。なかには「奥さんの料理しか食べたくない」という人も。

自分の友達を大切にしてくれる

「彼女ができて真っ先に仲間たちの集まりに呼んだ。彼女は愛想もいいし、友達の子どもにまで優しく接してくれる。ふたりきりになった途端、疲れが出るのか眠っちゃうところもかわいい」

“自分の大切な人たちを大切にしてくれる”のは、自分に対する気遣いよりも嬉しいときがある。

美へのこだわりが強い女性

結婚して3年経って5年経って、そして10年経つと外見に変化があらわれます。老けたり、太ったり、肌が荒れたり―――やはり「美しさの追求」を諦めない女性を選ぶ方が男性にとっては幸せです。美しければこそ一緒に出掛けたい気持ちにも拍車がかかります。

美しいから連れて歩きたい!と思うかでは「夫婦の充実度」が180度異なります。「美に厳しい女性」を選びましょう。

「よく笑っていて、包容力がある子」

「たとえば、彼氏の悪いところもわかっているけれど、無理に相手を変えようとせずに認めて、楽しく付き合っているというような内容の話を聞いたとき、『この子はいい家庭を築くんだろうな』と思います。相手のダメな部分も受け入れて、小さなことで目くじらたてず、明るく笑って過ごす力が結婚には必要な気がするので」

社会常識力が高い女性

時間、儀礼、約束、整理整頓、人付き合い。これを乗り切る力=社会常識力が自分よりも高い女性と結婚しましょう。甘ったれた考えかもしれませんが、そのほうが妻を尊敬できます。これが逆転していると、妻の非常識を気にして、いつもピリピリしていることになります。

愚痴より感謝が多い

「愚痴を言うか?感謝をするか?」というのは、習慣化されている面も多いため、普段から愚痴より感謝が多い女性と結婚した男性は、妻から感謝されることになるでしょう。

普段から感謝の言葉が多い女性を妻や嫁に貰うと、幸せな家庭を築いていきやすいのかもしれません。

1 2