1. まとめトップ

水俣病のチッソは雅子妃の祖父だった!!皇室にあるまじき穢れ!

御公務よりも私的な行事を優先される、皇太子妃雅子さま。雅子妃の祖父は水俣病の元凶・チッソの会長だったという事実は、意外と知られていません。水俣病の被害者の方々は、今なお苦しんでおられるのです。

更新日: 2013年12月21日

7 お気に入り 115306 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

穢れを厭う皇室が、汚れの家から妃を迎え入れてしまった。
この現実から日本人は目を背けてはならないでしょう。
よこしまな勢力の奸計とゴリ押しによる入内でしたが、本来絶対に
あってはならぬことでした。

間違いで始まった物事は、それなりの結果をもたらします。
東宮の現在の状態がまさしくその結果でしょう。
間違いはただされなければなりません。

秋篠宮両殿下に続いて、天皇皇后両陛下が慰霊にお出かけです。

雅子妃の母方祖父江頭豊氏が元凶の一人であった、チッソ水俣の地獄は
遠い過去の出来事ではなく、今現在進行形で続いています。
水銀汚染は日本国内の問題にとどまらず、世界規模の関心事です。

患者さんから話を聞き取る各国代表。

2013年10月09日 水俣病患者と交流   
条約会議の各国代表 水銀汚染の防止に向け「水俣条約」を採択する
国際会議の参加国代表らが9日、水俣病の発生地、熊本県水俣市を訪れ、
母親の胎内で水銀の影響を受けた胎児性患者と交流した。 
各国代表は、患者の就労や交流を支援する施設「ほっとはうす」や
「遠見の家」を訪問。
被害が公式確認されてから60年近くたった現在も続く水銀被害の過酷さや
条約採択への思いを聞いた。 
10人が訪ねた「ほっとはうす」では、患者らが
「水俣病のことや被害者の生き方をもっと知ってほしい」
「動けなくなっていくのが悔しい」と力を込めて話した。

http://apital.asahi.com/article/news/2013100900003.html

【田中久稔】健康や環境を守るため、水銀の規制をめざす
「水銀に関する水俣条約」が、9日に熊本県で始まる外交会議で採択される。
条約誕生には40年を超す道のりがあった。
始まりは1972年、国連人間環境会議が開かれたスウェーデン・ストックホルム。
ここから世界に水銀被害を伝えた水俣病患者、
坂本しのぶさん(57)は今も訴え続ける。
「みなまたぼう(水俣病)は、おわっていません」

8日、外交会議の会場となる熊本市のホテルであったNGOの会合。
しのぶさんは介助の女性に支えられ、マイクの前に座った。

はっきりした口調で話そうとするほど、息は詰まり、声はうわずる。
顔をゆがめながら、言葉を押し出した。
「あたしは、スウェーデンに行きました。みなまたぼうのことを、
知ってもらうために行きました」

生まれる前に水俣病になった。
胎内にいる時に母親がメチル水銀に汚染された魚介類を食べ、
胎盤を通過した水銀が引き起こす「胎児性水俣病」だった。

・・・・・・・・・・・・・・転載ここまで

訴訟も今現在続いています。
訴訟が行われるむねのニュースが流れたのは、
あたかも皇太子ご夫妻のオランダ行きが報じられたその日でした。

雅子妃は水俣病加害に連なるお家の方です。それをどう受け止めるかは自由。
ただ、この事実は国民に知らされねばなりません。

主観領域に属することなので、以降は客観的説得力はありませんが、
いわゆる(一般レベルの)霊的感性の持ち主たちは、
ご夫妻にまつわる半端ではない霊的不浄に、強い危惧を抱いています。

皇太子妃雅子さまが、世紀の企業犯罪チッソに連なる
お家の方であるということを知らない世代が増えて来つつあります。
これを抜きに東宮問題は語れません。

記事にもし、心触れるものがあれば、拡散をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★両陛下が10月に熊本県へ 水俣初訪問、慰霊碑に供花

 宮内庁は26日、天皇、皇后両陛下が全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため、
10月26~28日の日程で熊本県を訪問されると発表した。
水俣病発生の地で、稚魚の放流会場となる水俣市を初めて訪れ、
水俣病慰霊の碑に供花したり、市立水俣病資料館で患者らから話を聞いたりする予定。

 宮内庁によると、26日午後に特別機で熊本県入り。
合志市の国立ハンセン病療養所 「菊池恵楓園」を訪れ、入所者を慰問。
全国13カ所の国立療養所のうち11カ所目の訪問となる。

 27日は水俣市のエコパーク水俣で稚魚を放流。
水俣病資料館では患者の現状などの話を聞き、患者や家族と懇談する。

2013/09/26 18:36 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092601001684.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じわじわと、皇太子殿下と雅子妃殿下を締め上げるごとき、
出来事が出来しようとしています。
水俣病は他の誰あらぬ、雅子妃のご家系の問題なのに、
ご夫妻はご供養の言葉すら発していない無責任さ、無慈悲さです。

公害の直接責任は雅子妃の母方祖父・江頭豊氏に
関わりがないなどという人がいますが違います。
ある意味発生その事自体よりも、
雅子妃の祖父江頭豊氏のヤクザまで雇い入れた後処理の残酷さが
問題になっています。
水俣病の原因が工場にあると判ってからも稼働続行させました。

水俣病の直接原因ではないからと偽って、
雅子妃を入内させた高円宮他の勢力の罪は重いでしょう。

大体、三姉妹で男子がいない「女腹」のご家系の女性を、
危険で本来入れません。
(一般のご家庭にこういうことは合理的でもないし、
差別的で言えませんが、皇室は特殊な上にも特殊であり、
嫁ぐ人には当然お世継ぎ男子の出産は義務として課せられ、
それを承知で嫁ぐべきです。
天皇陛下から催促され口答えする、二重三重の意味で勘違い不遜、
不適格の女性が皇室に入り込んでしまいました。
ご性格も、とてものことに皇室に向いているとは思えません)

*1995年 口答え事件

「国民はみなあなたたちの子に期待していますよ」という天皇陛下に対して、
「私の友人にそんなことを言う人はいません」と口答え、その場を凍りつかせる。

決して入内させてはならないお家の娘さんが入内してしまった。
犯罪企業のその国民への被害の深刻度、死者の数からしてある意味では、
殺人犯の家の娘の入内よりもあってはならないことでした。
本人は家とは関わりないというのが、民主主義的考え方ではありますが、
皇室のみは民主主義とはむしろ相容れない古代からの伝統に基軸を置く特殊な場所、
神域です。皇室は国家最高位の神官のお家です。

雅子妃を入内させたことで、天皇皇后両陛下はじめ、
皇族がたが軒並みこの江頭というチッソにまつわる
稀代の犯罪企業にまつわる家の者と縁戚にさせられると同時に、
穢れは日本国の神社にも及びかねません。
幸か不幸かこのご夫婦が神域を自ら避けているので、
その意味では救いがありますが。

雅子妃入内にあたって背後で動いたのが高円宮ご夫妻です。
チッソの不浄、男子が産めぬかもしれない女腹の家系を承知でいながら。
真実、皇室と日本国のことを想う方々なら、なさらないですね。
韓国との異常な癒着を含めて、何らかの私心が動機でしょう。

ワー●ドメイトという組織が会員に向かって
秋篠宮紀子妃殿下の中傷を刷り込んで広めさせていたことが
元会員リークで知られていますが、
このワールド●イトと親密であったのが故高円宮でした。

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-746.html

雅子妃の実母小和田優美子氏は日本ユニセフの理事をなさっていますが、
こちらが看板として立てている人物アグネス・チャンと
創価学会池田大作氏と密着した仲であることもよく知られた事実、
そして秋篠宮ご夫妻にまつわる中傷は創価により全国規模でばらまかれたことも、
知られ始めています。

秋篠宮ご夫妻はとうの昔に水俣を訪れ、
雅子妃の祖父江頭豊氏が関わった水俣病患者さんたちの慰霊碑をご供養になり、
患者さんたちにも誠意を込めてお会いになられました。

調べてみると、どうも熊本国体にかけた非公式訪問と慰霊らしく、
ということはご夫妻自らのご意志でのご供養ですね。
素晴らしい心ばえではないでしょうか。

来月はそれを天皇皇后両陛下が公式におやりになられます。
皇太子ご夫妻の放置ぶり、無慈悲さが浮き彫りにならざるを得ません。

秋篠宮殿下は、スペインを訪れた折にも水俣病についての、
真率なるお考えをお述べです。

http://www.asahi.com/national/update/0701/TKY201307010336.html

【イドリア市は、水銀の採掘を行っていた地域ですが、
そのために起こった身体的・心身的な障害には重いものがあったと聞きました。
日本の水俣市においても、水銀が起因する水俣病は深刻な問題であり、
そのようなこともあってこの両市は交流を深めてきました。
近いうちに、水俣市の高校生がイドリア市を訪ねるとの話も聞きました。
このように、若い世代の人たちの交流も両国の関係にとって
大切なことであると思います】

しかるに・・・・もっとも、供養に出向きある意味、
患者さんたちに謝罪の心をもって接さなければならない
皇太子殿下ご夫妻が無視していらっしゃいます。
近場の被災地2年間放置より、本来はもっと悪質な放置です。

このたび、天皇皇后両陛下がご供養にお出ましになられるのは、
式年遷宮を目前にした一つの禊(みそぎ)であると、畏れながら感じます。
本殿遷座祭のあった出雲大社も関わりがあるでしょう。
浄化の始まりです。

天皇皇后両陛下にそのご意識はないでしょうが、
水俣病患者さんたちのご慰霊とご訪問は、東宮と雅子妃への強烈な批判です。
今までなら雅子妃とそのご実家への慮りで、いらっしゃらぬ場所であったでしょう。

皇太子ご夫妻の水俣放置は、被災地2年間放置より、
なお人の心の喪失ではないでしょうか。
本来、真っ先に皇太子ご夫妻がご供養に駆けつけ、
ご遺族に真摯にお会いになるべきお立場では・・・・。
水俣病患者とその家族の苦しみは今なお続いています。
それを知らんぷりして、お遊び、静養、食べ歩き。

怨 

風にはためく「怨」の文字が、どこに向かっているのか、お感じにもなりませんか、
皇太子殿下、雅子妃殿下。

皇太子殿下ご夫妻はいつ水俣市にお出ましでしょうか。
そのお子様がもう十一歳におなりなのに、皇祖神が祀られた伊勢神宮にも伴われず、
しかし今年は式年遷宮、それでも無視でしょうか。
御陵にすら愛子さまを連れて行かれません。
各神社に神饌料も出さず。
ご供養の志薄き、皇太子殿下にあらせられては、
祭祀の意志もまた甚だ薄弱であると判断せざるを得ません。
本来なら、愛子さまはもう秋季皇霊祭の儀に、出られる年齢におなりです。

悠仁さまは、まだ幼いあのご年齢で、昭和天皇陵、香淳皇后陵、
神武天皇陵、伊勢神宮と参拝なさっていらっしゃいます。
紀宮さまも幼い頃から何度も伊勢神宮はお参りで、
この画像は愛子さまと同じ11歳の時のものです。

愛子さまが時々お見せになる強張ったような、
不自然な手指の形は水俣病患者さんの手の形そのままで、
それが一つの信号となって皇太子ご夫妻に発せられているのに、
何もお感じにならないようです。

手指の比較画像はもう載せません。無残なだけで不毛なようですので。

歴代の天皇が申し伝えているごとく、まず何はさておいても神事。
それが天皇の天皇たるゆえんです。
祭祀の志薄き皇太子は失格者です。凛として神事のご姿勢あらば、
かくも不浄の存在たちに取り憑かれることもなかったでしょうに。
心得違いをなさっておいでです。

▼水俣病と雅子妃  改めて考えてみたい
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/455f9ba2eb981b532a7461b1894a1cb4

▼ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの一環としての雅子妃
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/eec91c5e389ab41bfe30fa45fdac03e9

水俣病-雅子妃祖父、チッソ江頭豊の罪業http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.ht...

1.水俣病の原因が工場にあると知りつつ稼働続行。

2.患者・家族への補償に応じず。

3.悪質なデマを流し患者や家族を冒涜。 

4.患者さんや報道カメラマンを暴力集団雇って襲撃(チッソ会長時代)。

「死んだ魚を食べる乞食がカネせびりに来たな」
「腐った魚を食べるから汚い病気にかかる。伝染るから近づくな」
(株主総会で一株株主の患者達に)「庶民が何を言うか!」
「黙れ貧乏人が!」

こういう言動への批判に対する雅子妃の認識は、
「おじい様が悪く言われてる」程度の認識。
苦しみもがいた患者さんが、壁に爪を立てて亡くなったというのに。
生まれ落ちた瞬間、手も足も動かない子がいるというのに。
親がどれほどの涙を流したか。
おじい様が悪く言われている・・・・・。

江頭豊氏は「東宮御所の庭を散歩するのが楽しみ」と言い、
東宮御所はそのために大金をかけて、
バリアフリーに改築されたと言われています。

世紀の企業犯罪、チッソ、不浄の一族。一家で東宮に入り浸り。

水俣病患者さんたちの慰霊には出かけぬが、
チッソ加害の最大人物の一人、江頭豊氏の葬儀にはご夫婦で参列。
この犯罪企業に関わる人物と皇族が、縁戚関係にさせられてしまったことを、
満天下に知らしめました。

秋篠宮ご夫妻に続いて、天皇皇后両陛下が水俣に供養に訪れられた後、
皇太子ご夫妻の誠意のありどころが厳しく問われます。
ご夫妻は水俣市にお出かけになるでしょうか? 
皇太子夫妻であるという以前に、人としての心が問われる状況になりました。

絶対に皇室に入れてはいけない人物が入ってしまったのです。
国民はもう一度その現実を噛み締めてみる必要があるでしょう。

水俣病患者をはじめ水銀汚染の犠牲になった全ての生命を彼岸に供養する
「火のまつり」が9月21日、熊本県水俣市の公園「エコパーク水俣」であり、
たいまつや竹灯籠をともして鎮魂の祈りをささげた。
 市民有志が1994年から、メチル水銀に汚染された海を埋め立てて
整備されたエコパーク水俣を会場に行っている。
午後6時半、五つの大きなたいまつが点火され、遺族や患者ら約550人が、
海岸部に設置された祭壇に竹灯籠を供えるなどして手を合わせた。
 10月には、世界的な水銀規制に向けた「水俣条約」を採択する
国際会議が熊本市で開かれる。
患者の永本賢二さん(54)は
「世界で二度と水俣のような悲劇が起こらないことを願う」と話していた。
(2013年9月22日 読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130924-OYS1T00241.htm


  皇室問題に関するご意見・要望はこちらに

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

内閣官房
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html

皇室の伝統を守る国会議員の会
http://www.furuya-keiji.jp/blog/archives/2050.html

皇室ゆかりの品ヤフオク大量流出事件

1 2 3 4