この会合には、招かれた賢治の弟が賢治の遺品である大きな革トランクを持参していた。席上、参加者の誰かがこの革トランクのポケットから手帳を取り出し他の参会者にも回覧された。

出典雨ニモマケズ - Wikipedia

没後1年を記念した1934年9月21日付の『岩手日報』夕刊に「遺作(最後のノートから)」と題して掲載。続いて1936年7月、日本少国民文庫の「人類の進歩につくした人々」に収録されました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る