手帳は、2007年7月-10月に賢治の描いた絵画などとともに国内各所で公開された。

2011年4月11日、ワシントンのナショナル大聖堂において、東日本大震災の犠牲者を悼むための追悼式が開かれ、サミュエル・ロイドⅢ世大聖堂長により本作が英語で朗読されています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る