これに対して、詩人の入沢康夫が以下のような校訂の根拠を提示。

・他の詩で「ひど」と書いて消し、「ひでり」に直しているものがある。賢治には「デ」を「ド」に誤記する書き癖があった。

・次の行「サムサノナツハオロオロアルキ」と対照にならず、本作の他の箇所でも多用されている対照の手法からここだけはずれてしまう。

・確かに農家にとって日照は重要であるが、過剰な日照による干ばつへのおそれは賢治も複数の作品で取り上げている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る