出典 microdiet.net

玄米四合は贅沢!?

太平洋戦争終戦直後の1947年の文部省の国定教科書に当作品が掲載されています。

ですが掲載される前に一悶着あります。

「日本の食糧事情から贅沢と思われる」という理由からGHQの統制下にあった民間情報教育局の係官は一度掲載を却下していました。

しかしその後、「玄米四合」を「玄米三合」に変更することを条件として許可したとされています。

※一日四合とは、米が主食である日本の食文化において、成人ひとりが一日に食べる標準の米の量でした。

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る