出典 www.nenjudo.co.jp

賢治と法華経

賢治は生涯、法華経の行者でした。24歳のときに国柱会に入信して、以来、亡くなるまで法華経を説きます。

遺言にも『国訳妙法蓮華経』を千部印刷し、周りに頒布するよう書いています。

経の仏意に触れて無上の道に導かれるようにするのが、自分の生涯の仕事だと。

「雨ニモマケズ」は法華経の祈りを描いたものだといわれます。

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る