宮沢賢治の父、政次郎が宗次郎と懇意な間柄でした。賢治も、宗次郎のことを尊敬していました。若い頃の賢治はよく教会に行っていたと弟の清六はいいます。

賢治とキリスト教の関わりには深いものがあるのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る