賢治がこれを書いたのは昭和6年11月3日。この年の二月に賢治は東北砕石工場の技師となり、宣伝販売を任され、夢を抱いて上京しました。しかし賢治は急に発熱をして倒れてしまいます。その症状は思いの外深刻なもので、9月3日に遺書を書いたほどでした。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

宮沢賢治『雨ニモマケズ』をわかりやすく解説する

童話作家の宮沢賢治の代表作に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などが上げられますが、彼を最も有名にしているのは詩「雨ニモマケズ」でしょう。日本人なら誰でも一度は読んだことがあるこの作品を詳しく解説します。

このまとめを見る