1. まとめトップ

えっ?まだnanacoを持っていない?それ、絶対損します!

セブンイレブンやイトーヨーカドーグループで使える便利な電子マネーnanacoカードを持っていますか?買物するたびに1%分のポイントが付与されます。nanacoカードは、提携しているクレジットカードとセットで使うと、最強の電子マネーに変身します。絶対持っていないと損しますよ。2016.3.4手順改正

更新日: 2017年03月11日

papayapapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
461 お気に入り 1175971 view
お気に入り追加

100万PVを突破することができました!感謝感謝です!これからもできるだけ有用な情報を掲載します。よろしくお願いします。

このまとめのコンテンツは次の3本立てとなっています。
 ・月間ニュース
 ・nanacoで得する最新情報
 ・nanacoで得する手順

↓nanacoを含めた電子マネーやポイントカードで得する方法をオールインワンにまとめたサイトです。

<3月ニュース>

3月は、人の動きが最も多い季節なので、コンビニは書き入れ時です。イベントはあまり行っていません。残念です。

~3/31まで、セブンプレミアム5個で1個プレゼントキャンペーン実施中

~3/31(金)まで、リポビタンが5本で1本プレゼント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<nanacoで得する手順は↓↓に記載しています。手順7つで、買い物なら最大4.5%、公金は1.2%得することができます。>

<nanacoで得する最新情報>

nanacoでは、税金や公共料金が支払えるので、クレジットカードからnanacoにチャージしてポイントが付与されるサービスは、最高にお得です。

我が家では、税金や公共料金を含め、年間100万円以上をnanacoで支払っています。また、AEONの100株株主になって、年間60万円以上の買い物をしています。

この2つで年間約5万円も得しています。たかが5万円と思われる人もいらっしゃるかもしれません。
でも、何も節約しなくとも、普通に5万円がポイントや現金で戻ってくるなんて、夢のようです。

マイナス金利で、定期預金の利率が0.01~0.20%の時代に、数億円貯金しなければ5万円の利子はつきません。

しかし、残念なことにnanacoにチャージしてポイントが付加されるクレジットカードは、サービスが縮小したり、消滅しています。

今では、リクルートカードプラス(2.0%)とリクルートカード(1.2%)が双璧の高還元カードです。
一世を風靡した漢方スタイルクラブカードは、2015年に1.75%→0.25%となってしまいました。

しかし、そのリクルートカードプラスも2016.9.15を持ってサービスを終了し、チャージしてもポイントはまったく付加されません。

リクルートカードのポイントは、正直使い勝手が悪かったのですが、2015年4月より、ポンタポイントと等価交換できるようになり、劇的にポイント利用が便利になりました。

また、2015年12月より、pontaカードとNTT dポイントが等価交換でき、そのdポイントをドコモの携帯スマホ使用料に利用できるようになりました。

まさにドコモユーザーにとっては、まさに福音の提携です!
ついに、リクルートポイントの現金化が達成されました!!!(歓喜)

また、健康定食で大ブレイク中の大戸屋でも、2015年9月12日より、全国各店でPontaポイントが使えるようになりました!pontaポイント=リクルートポイントです。
ますます、リクルートカードポイントの利用価値が高まります!

以下で詳しく解説しますが、間接的にリクルートカードでnanacoにチャージし、nanacoで、自動車税、固定資産税、公共料金、月極め料金などを支払えば、間接的にリクルートカードでnanacoにチャージした分1.2%がポイント付与されます。年間50万円チャージすれば、なんと6,000ポイントのリクルートポイントが付与されます。このポイントが、2015年12月からpontaカードと提携して、1:1で使えるようになったのです。つまり、6,000円分大戸屋の健康定食がただで食べられるのです。
また、2015年12月からはドコモのdポイントを提携するので、ドコモの支払いにも使うことが可能になります。
さらに、nanacoは、Quoカード購入にも使えるすごい電子マネーです。(ただし残念ながらポイントは付与されません。)
Quoカードは、プレミアで10,000円のQuoカードに1.8%分(180円)が付いています。また、他のポイントカードと提携できる優れものです。飲食店、コンビニ、書店などで上手に使えば、実質4%引きも夢ではありません。

節約を意識しなくても、nanacoを上手に使うだけで、年間20,000円以上得してします。銀行利子で20,000円もらおうとすれば、定期預金(0.025%)に8億万円を1年間預けなければなりません。

マイナス金利の時代、nanacoを持っていなければ絶対損する時代となりました。

2016.9.16以降nanacoへのチャージポイント付与率No.1(1.2%)はリクルートカードのみ!

サービスが続くことを祈念します。

2016.3.15でネットからの申し込みは終了しました。

無敵の2%ポイント還元カードでした。年間108,000円以上カードで買い物するのであれば、たとえnanacoチャージができなくなっても得します。

我が家は、家族カードと2枚持つことができました。末長くサービスが続くことを祈念します。

今回、「dポイント」と「Ponta」の相互交換が可能になることで、お客さまはこれまでよりも多くの場面でポイントをご利用いただけるようになり、両社が提供するポイントの利便性が大きく向上します。今後は携帯電話等のご利用料金のお支払いで貯めた「dポイント」を「Ponta」に交換してPonta提携店で利用でき、Ponta提携店で加算された「Ponta」を「dポイント」に交換して携帯電話等のご利用料金のお支払いにご利用いただくことが可能となります。

追加情報

ボーナスシーズンでもあり、家電の購入を検討している人は多いかと思います。
ビックカメラでnanacoを使うと超お得です。

家電を購入するなら、nanacoを利用してビックカメラで購入するのが断然得します。

ビックカメラ、ソフマップ、コジマグループでは、商品を現金購入すると10%引き、クレジットカードで購入すると8%引きとなります。
ところが、ビックカメラSuicaカードからSuicaにチャージして、Suicaで買い物すると、値引きは10%引きです。また、Suicaチャージ分1.5%のポイントがつくので、なんと11.5%も値引きされることとなり、最強だと私も思っていました。

しかし、Suicaの難点は、上限20,000円までしか、使えないということです。家電は20万円程度の商品もざらにあるのでこれでは使えません。
しかし、nanacoとなると別です。一人最大10枚までnanacoを作ることができます。ただし、クレジットカードでチャージする場合、ほとんどのクレジットカードは1枚のひも付きにしているのが現状ですので、nanacoを複数枚持つなら、クレジットカード別にしておいた方が無難です。

さて、ここからです。
Suicaカード1.5%        上限20,000円  チャージ300P
リクルートカード1.2%     上限50,000円  チャージ600P
楽天カード(JCB)1.0%     上限50,000円  チャージ500P
Yahoo!JAPANカード(JB)1.0% 上限50,000円  チャージ500P

nanacoで購入すると0.5%nanacoポイントが付与されます。
しかも、ビックカメラ10%引きです。
つまり三重取りが可能となっています。

170,000円の家電を購入すると
クレジットカード 1,900P
nanaco 850P
ビックポイント 17,000P
と、実質19,550円分を値引くことができます。
他の電気店での店頭価格が少し安いように見えても、ビックカメラ+nanacoはものすごい威力を発揮します!

1 2 3 4





このまとめへのコメント1

  • scanscanscanさん|2013.12.14

    固定資産税納入ですごく得しました。しかしセブンイレブンのバイトが、センター預かり知りませんでした・・・。レジが並んじゃいました・・・汗

1

papayapapaと申します。

おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものはこころなりけり(高杉晋作)

の精神で、世の中を少し斜めから見ていきたいと思います。


このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう