1. まとめトップ

鉄道ファンだけじゃない!列車旅をしたくなると女子にも話題の観光列車

「A列車でいこう」(JR九州)は大人に大人気。「しまかぜ」で旅をしてみたい鉄子さんが急増!乗り鉄にとってもお洒落な観光列車は憧れの乗り物です。列車旅は鉄道ファンだけではなく、女子会やカップルの間でも人気が高まっています。高級感や快適な設備を備えた車両での「列車旅」は憧れます。

更新日: 2016年09月22日

26 お気に入り 19356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

corey3さん

JR九州 豪華寝台列車「ななつ星in九州」

JR九州は、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の2017年3~9月出発分の料金を5万~10万円アップする。値上げは13年10月の運行開始以来5回目。

「A列車でいこう」(JR九州、熊本~三角)

往年のジャズの名ナンバーを冠した列車。16世紀の天草に伝わった南蛮文化をテーマにデザインされ、木やステンドグラスを配した落ち着いた色調の車内は大人の雰囲気が漂う。バーカウンターでは地元特産のデコポンをアレンジしたハイボールが人気。乗車時間は40分程度と短いが、窓から広がる有明海の景色など、見どころは多い。

近畿日本鉄道の新型観光特急「しまかぜ」

近畿日本鉄道の新型観光特急「しまかぜ」です。伊勢神宮の式年遷宮にあわせて今年3月から導入されました。大阪、名古屋と三重県賢島を結ぶリゾート列車で、ゆったりとした座席は本革シートでマッサージ機能付きです。本格的なメニューを楽しめるカフェ車両も備え、高級感あふれる快適な空間が話題を呼び、人気を集めています。

しまかぜに感動!

名古屋出発~☆しまかぜ、初めて見た!伊勢やったか賢島やったかまでノンストップなんだよね。もうすぐ現実に戻ります

カレンダーにあったけどしまかぜもう一回乗りたい! 次は一番前で pic.twitter.com/pMGdPWmMah

肥薩おれんじ鉄道

観光列車「おれんじ食堂」
2013年3月24日より新八代駅 - 川内駅間に運行が開始された観光列車。肥薩おれんじ鉄道初の全席指定列車である。沿線の水俣地域の振興事業の一つとして、車窓からの美しい景色を楽しみつつ「ゆったり、のんびりとしたスローライフな旅を楽しむ」ことをコンセプトして設定された

おれんじ食堂 美味しそう

気になる…のだよ…。 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」ORANGE RESTAURANT EXPRESS hs-orange.com/kankou/

和歌山電鐵・貴志駅のたま駅長をモチーフにした「たま電車」

駅長からのお知らせ
めでたく古希を迎えた社長代理の「たま駅長」は、毎週平日の火、水、木、金曜日の4日間、貴志駅でゆったり勤務に就くことになりまし た。 なお土・日曜日及び祝日は、まだまだ力不足ではございますが、ニタマ駅長代行がしっかり貴志駅を守って参りますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

1 2