1. まとめトップ

気になるキャバクラ嬢の給料明細(システム)の基本4パターン。

華やかな夜の世界で働くキャバクラ嬢の給料システムはどうなっているのか解明してみました。金額などは地域によってかなり差がありますが、システムは4パターンで、基本的な構成要素はほとんど同じです。

更新日: 2015年08月04日

go_tmkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 250174 view
お気に入り追加

給料システムの基本パターン

システムは大まかに「時給スライド式」「売上バック式」「指名バック式」「固定時給式」の4パターンに分類できます。更に「固定時給+売上や指名バック」など、この組み合わせでお店ごとに色々な給料システムが存在します。

指名本数、ポイント、売上などがある水準を超える毎に階段を上がるように時給がスライドするシステムです。

■本指名本数の例
~10本 2000円
~30本 2500円
~50本 3000円
~70本 3500円

その名の通り、自分が上げた売上の何%かをバックとしてもらうシステムです。
固定時給+売上バックの組み合わせが一般的ですが、繁華街の有名店で力のあるキャストさんは固定給無しのフルコミッションで、売上の50%をもらっている人もいます。

■売上バックの例
月間売上200万円×バック率40%=80万円

指名1本につき○○円、というシステムです。
単体で使われることは少なく、スライド時給や固定時給と合わせて使われる事が一般的です。

■指名バック式の例
本指名1本につき1000円

成績によって時給が変動しないシステムです。
入店して間もないキャストさんに指名実績が付くまでの猶予期間として保証時給を固定にする場合と、当月の成績によって翌月の時給が固定で決定される場合があります。

■固定時給式の例
保証時給として2か月間は3500円に固定

インセンティブの対象となるもの

基本的にキャバクラ嬢の給料は「自分で稼ぐもの」です。基本的な構成要素は以下の通りで、お店の考え方や価値観によって様々なインセンティブを使い分けています。

1 指名
お客様が最初からお目当てのキャストさんを指名する「本指名」と、フリーのお客様が気に入ったキャストさんを指名する「場内指名」があります。本指名の方が給料には大きな影響を与えます。

2 同伴
お客様と食事などに行ってそのまま一緒に出勤してくることです。キャストさんが稼働すると同時にお客様が付くのと、早い時間帯の集客に貢献してもらえるのでインセンティブを付けているお店が多いです。

3 ボトル
キープボトルやシャンパン、ワインなど、指名の席でボトルが入った場合は席の担当キャストさんにインセンティブが入ります。

4 ドリンク
お客様の席でドリンクをもらった時に、1杯につき100円~500円程度のドリンクバックを付けているお店もあります。

5 出勤
キャバクラはキャストさんがいないとサービスができないので、月に○日以上出勤という条件で出勤に対してインセンティブを付けているお店もあります。

6 友人紹介
キャストさんが自分の友達をお店に紹介して入店させることです。スカウト会社や求人媒体はかなりの費用がかかるので、お店も積極的にキャストさんのネットワークから女の子を紹介してもらおうとしています。

控除(給料から引かれる)対象となるもの

税金の他にヘアメイク代や送り代、更に罰金まで、夜の世界は何かと引かれるものが多いので、見た目の時給や待遇だけでなく、「最終的にいくらになるのか」という実額を計算しましょう。

1 税金
源泉徴収として総支給額の10%(+復興税0.21%)が引かれます。確定申告をすれば払い過ぎた税金は戻ってきます。※所得を申告した分、住民税や国民健康保険料は高くなります。
源泉徴収の名目で給与の総額から15%~20%引かれるお店がありますが、源泉徴収で実際にお店が税務署に納付するのは10%です。それ以上はお店の収入になっています。

2 ヘアメイク代
お店で専属のヘアメイクさんにセットしてもらう場合と、お店が契約しているセットサロンに行く場合がありますが、一定の金額をキャストさんが負担する場合があります。

3 送り代
キャストさんは営業終了後にお店のドライバーさんに自宅まで送ってもらいます。その送り代を距離によって500円~高いところは3000円くらい徴収しているお店もあります。確かにタクシーで帰るよりは安いですが…。

4 貸ドレス代
貸ドレスは無料のお店が多いですが、たまに引かれるお店があります。

5 厚生費
ヘアメイク、送り、ドレスなどひっくるめて「厚生費」として徴収しているお店もあります。

6 罰金
欠勤、遅刻、ノルマ未達成に対して罰金を取るお店があります。ただしノルマに対する罰金は労働基準法違反で、遅刻や欠勤に対する罰金は、労働基準法の「減給」の制裁に該当しますが金額には制限があります。

7 日払い
これは課税所得から控除されるわけではありませんが、日払いは給与の前借ですので、給料日には日払いした分を差し引いて支給されます。

関連リンク

1





キャバクラやバーなど、ナイトレジャー店舗をプロデュースする会社で経営企画、人事、宣伝など何でも屋をやっています。