1. まとめトップ

映画『プリズナーズ』あらすじと解説 まとめ

ハリウッドを代表する二人の俳優ヒュー·ジャックマンとジェイク·ギレンホールが主演した犯罪スリラー"プリーズナーズ"が去る10月2日に米公開して視聴者に好評を得ている。この映画の本当のメッセージは何か?ーイルミナティの計画

更新日: 2014年04月26日

6 お気に入り 117297 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hebrews412さん

ボストンの村で発生した女児失踪事件を解決する過程で、娘の父親であるケラー・ドーバー(ヒュー·ジャックマン)と、この事件を担当したロッキー刑事(ジェイク·ギレンホール)の間で繰り広げられる葛藤と問題解決の過程を興味深く描き出している。

詳細あらすじ

ボストンのある村で発生した女児失踪事件を解決する過程で、娘の父親であるケラー・ドーバー(ヒュー·ジャックマン)と、この事件を担当した ロッキー刑事(ジェイク·ギレンホール)の間で繰り広げられる葛藤と問題解決の過程を興味深く描き出している。

主人公 ケラー・ドーバー

敬虔なクリスチャンであり、Preppers(来るべき災害に対して準備をしている人)であるケラー・ドーバーは、警察が有力な容疑者を検挙しても証拠が不十分だという理由で彼を解放した後、自ら事件を解決するために家を出る。"私の家族は私が守らなければならない"という確固たる信念を持つケラー・ドーバーは、警察が解放した容疑者を人質に取って拷問し、娘の行方を尋ねる。

ロッキー刑事

このように感情的で盲目的な信念を持つケラー・ドーバーが介入すればするほど、事件を担当したロッキー刑事は、事件の解決に困難を経験する。娘を誘拐した犯人を追うことに加え、容疑者を誘拐したと思われる父ケラー・ドーバーの行方まで追いかけなければならない困難を経験されている。

主人公の名前kellerは'地下室、倉庫"という意味を持っている。主人公が地下貯蔵庫(keller)に万一の事態に備えて食料や装備と銃を確保しておいたpreppersであることを印象付けるための名前である。

映画の中で、敬虔なクリスチャンでありpreppersでもある主人公(父ケラー・ドーバー)は、"私の家族は私が守らなければならない"という強い信念を持った人物である。しかし、彼のこのような独断的な行動が事件解決に大きな混乱と困難を与えることになる。

映画の中で誘拐された娘を探すために不合理であり、暴力的な行動をとる父と冷静な判断力で事件を実質的に解決する刑事の姿を対照的に示している。容疑者を拷問した後、良心の呵責を感じて祈る主人公(父)の姿と理性的で献身的な姿で事件を解決する主人公(刑事)がメイソンの指輪をはめた姿が対照されている。

このように難しくて大変な状況の中でも、事件の証拠を冷静に分析し、事件を解決するために献身的に苦労したロッキー刑事のおかげで本当の犯人が検挙されて誘拐された娘を救うことになる。そして、独自の方法で犯人を捕らえようとするが、彼自身犯人に捕まって死ぬ危機に面した父ケラー・ドーバーもロッキー刑事 の助けを借りて命を救われることになる。

映画では、娘を救うという考えにとらわれて有力な容疑者を誘拐して残酷に拷問していた主人公(ケラー・ドーバー)が良心に呵責を感じて祈る姿が繰り返し登場する。これに対し、冷静な判断力と献身的な努力で困難なケースを一歩一歩解決していくロッキー刑事の手には、フリーメーソンの指輪がはめられている様子が繰り返し登場する。

映画のあちこちでは、事件を実質的に解決する刑事の手に直角定規とコンパスが描かれたフリーメーソンの指輪がはめられている姿が登場する。

映画の本当のメッセージ

映画プリーズナーズは、観客に向かって"危機の瞬間が迫って来たときに政府を信じられずに自らの問題を解決すると出る盲目のクリスチャンやPreppersにより問題がより困難になると主張している。多少の問題はあるが、献身的で合理的なフリーメーソンが働いている政府(警察)が問題を解決できるように任せるのが最善だ"というメッセージを伝えている。

"フリーメーソン(イルミナティ)だけが問題を解決することができる"これがアメリカ社会とハリウッドを掌握したイルミナティが、この映画を通じて伝えたいメッセージなのである。

イルミナティのもう一つの象徴的な万物を見る目とメイズ(迷路)が登場する映画のポスター

1