1. まとめトップ
  2. 雑学

食べられる!水の中の変なやつ珍獣「ウーパールーパー」

昔は一世風靡したウーパールーパー君。見た目も名前もへんてこな彼らのおもしろ雑学をまとめてみました。

更新日: 2013年11月27日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
383 お気に入り 582639 view
お気に入り追加

ウーパールーパー

両生綱有尾目トラフサンショウウオ科トラフサンショウウオ属に分類される有尾類。
流通名ウーパールーパー。

4つの呼ばれ方がある。

「ウーパールーパー」この名前は、いわばニックネームのようなものです。
「アホロートル」ネオテニー(幼生成熟、変態しないこと)のサラマンダーの呼称です。
「メキシコサラマンダー」和名。日本での正式な名前です。
「Ambystoma mexicanum」学名。Ambystmaが属名、mexicanumが種小名です。

「ウーパールーパー」は商標名

「スーパールーパー」という名で登録するつもりであったが、頭にスーパーの付く商標は多いので早く登録されるようスをウに替えてウーパールーパーと名づけられた。アホロートルという名前で売り出さなかったのは「アホ」の「ロートル」と解釈されてしまうのを避けるタメらしい。

幼体のまま大人になる

ウーパールーパーは両生類でありながら、幼体のまま性的に成熟し、大人になります。
何故なら変態し肺呼吸になるよりも、そのままエラ呼吸であるほうが2~3倍も長く生きられるからです。

顔周りのヒラヒラは何なの?

えらにある6本のひらひらしたところから酸素を取り込んでいます。
両生類なため、肺呼吸もします。

目は悪い

視力はかなり弱いようですので、複数の個体を一緒に飼育するのは注意が必要のようです。

可愛いあの口の秘密

歯はなく、かまれても痛くないただし吸引力が結構凄い。砂が入ると吐き出す。

可愛いあの足にはちゃんと爪が生えている

前足に4本、後足に5本あり、きちんと爪もあります。
指くらいなら再生できます。

実は5色のカラバリがある

大きく分けて5種類の色があります。
白い体に黒目の「リューシスティック」
全身が白く血流の多い目と外鰓が薄くピンク色になる「アルビノ」
アルビノに含まれるも黄色が強く発色している「ゴールデン」
原生種に最も近いとされている斑模様の「マーブル」
全身が黒い「ブラック」
他にもブルーやグレーなどのブラックに含まれるとされつつも発色が微妙に違う種類もあります。

25年生きた個体もいる

個人飼育可の場合は平均的に5~8年が一般的な寿命。
飼育に慣れた上級者さんの場合ですと10年を超える寿命の方もいらっしゃいます。
自然環境下では20年程度生きるとされている。
かつて、パリにて飼育されていた個体が25年という長寿の記録がある。

自然界では捕食される事もある為、寿命を全う出来る可能性は低い。25年生きたのはケースは屋外飼育だったらしい。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • y_hさん|2013.11.28

    ウーパールーパーの所属する山椒魚は、
    「食べると山椒の香りがするから、山椒魚と呼ばれる」、と聞いたことがある。
    本当かな?

1

動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。