1. まとめトップ
  2. カラダ

普段何気なく食べているチョコレートの驚くべき効能・効果。

チョコレートが太る、肌によくない。これって一般常識ですが、実はチョコレートって本当は驚くほど美容と健康に効果的なんです。

更新日: 2015年10月09日

370 お気に入り 1073669 view
お気に入り追加

■チョコレート大好き!

女子とチョコレート。切っても切れない関係です。でも、体重が気になる、食べ過ぎて肌荒れが気になる、という人もいますよね。

■実はチョコレートはすごいんです

はるか昔、チョコレートは薬としも重宝され、貨幣としても使われていたんだとか。

実は、チョコレートに含まれるカカオ成分は美容や健康に効果的。本当に注意すべきなのは、甘くする時に使う砂糖なのでした。

チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。

チョコレートって「甘い」「お菓子」のイメージですが、元々はカカオ豆をすりつぶした飲み物で「薬」だったのだそうです。

■チョコレート(カカオ)がもたらす効果

チョコレートは高カロリーですが、それは砂糖とカカオバターによるもの。カカオバター自体の脂肪は溜まりにくいんだとか。しかも、チョコレートには脂肪分解のはたらきもあるんです。

つまり、注意すべきは砂糖の摂取なんです。

2012年、アメリカの研究で、「チョコレートを食べる頻度が高い人ほど肥満指数(BMI)が低い」と米医学誌"Archives of Internal Medicine"(2012; 172: 519-521)に発表がありました。

チョコレートは確かに脂肪分が多いのですが、その脂肪の質が良質なので(ステアリン酸やオレイン酸)、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらないという調査結果も紹介されています。

チョコレートは高カロリーですが、脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑え、脂肪が血中に残るのをふせぎます。そのため体脂肪率は上がりにくくなります。

イタリアの男女10人で普段どおりに食事+カカオ70%以上のチョコ100gを2週間以上食べ続けて体重測定した結果8人が体重維持という結果が出たそうです。

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールによる協力な抗酸化作用が、アレルギーによる現代病や大きな病気の予防、老化防止に効果的。

アトピーや花粉症などのアレルギーは現代病のひとつとして大きな問題になっていますが、マウスにカカオ・ポリフェノールを与えたところ、アレルギーの原因となる活性酸素の過剰な働きが著しくおさえられました。

カカオ成分の多いダークチョコレートは…100グラム(板チョコ半分)でワインの2倍、緑茶の5倍の抗酸化効果を得ることが出来る。

ポリフェノールには、がんや動脈硬化などの病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があります。この他、胃潰瘍やアレルギーの予防、ストレス、美容界ではエイジングケアへの効果も注目されています。

ココアは胃かいようや胃がんとの関連が深いピロリ菌や重い食中毒で知られる病原性大腸菌O-157が増えるのをおさえるなど、細菌の感染に効果がある

チョコレートはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を豊富に含む栄養バランスのとれた食品です。とくに注目したいのはカルシウムとマグネシウムのバランスがよい ことです。一般にマグネシウム不足は心臓病の危険を増すことが知られています。

ポリフェノールやフラボノールにより、美容と健康にも効果的。便通の改善、ストレス緩和による肌アレ予防、ビタミンやミネラルによる美肌効果も。

ダークチョコレートに含まれるフラボノールは、日焼けによるやけどや赤みからお肌を守ってくれることが臨床実験でも立証されている。

カカオはストレスホルモンを減らす作用があり、お肌の大敵である心のストレスを緩和してくれる。

ポリフェノールの殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。

チョコレートの甘い匂いが、集中力と記憶力を高める効果があるんだそうです。

チョコレートの甘い香りには、集中力や記憶力を高める効果があることが最近の研究で明らかになっています。また、テオプロミンという成分が、神経を鎮静させる作用があり、リラックス効果もあることが分かりました。

チョコレートの香りが集中力や注意力、記憶力を上げることが人の脳波や学習実験から 確かめられました

(テオブロミンは)カフェインと同様の覚醒効果がありますが、カフェインよりも緩やかに作用します。自律神経を調節する作用もあるので、緊張を和らげリラックスさせる効果も。

チョコレートに含まれるカカオパウダーが虫歯予防に効果的。

ウーロン茶や緑茶には虫歯予防効果成分が含まれていることが知られていますが、カカオ成分にはこれら以上に虫歯菌をおさえる効果があり

ウーロン茶や緑茶に虫歯予防成分が含まれていることは知られていますが、チョコレートの成分であるカカオパウダー(カカオ豆を炒って磨り潰したもの)には、それ以上の効果があると言われています。

カカオパウダーには、抗菌作用にとどまらず、歯垢をできにくくする働きもあることが明らかになった。

1 2





seikatsunochieさん

食事や節約、収納など生活全般に関する情報をまとめてます。

twitter
https://twitter.com/seikatsunochie8



  • 話題の動画をまとめよう