1. まとめトップ

「たったの10円でOK!?」ブーツや靴のニオイをサッと消す5つの方法

秋が深まり、ブーツの出番も増えてきたのではないでしょうか。夏場はサンダルやミュールで風通しよく過ごせていましたが、ブーツなどの通気性の悪い靴では、足のニオイもこもりがち。まわりを気にせずさっと脱げるように、ブーツなどの靴の匂いを解決できる方法を紹介します。

更新日: 2017年02月24日

ilabjpnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
73 お気に入り 181433 view
お気に入り追加

秋が深まり、ブーツの出番も増えてきたのではないでしょうか。夏場はサンダルやミュールで風通しよく過ごせていましたが、ブーツなどの通気性の悪い靴では、足のニオイもこもりがち。まわりを気にせずさっと脱げるように、ブーツなどの靴の匂いを解決できる方法を紹介します。

■ 10円玉を消臭剤代わりに

銅イオンは靴が臭う原因となる細菌類を死滅させる力があり、靴の中に数枚の10円玉を入れておけば、日中靴を履いている間に増えてしまった菌の数をぐっと減らすことができるのです

キッチンの水切りカゴに10円玉を入れておくと、臭いやヌメリも防げるというのも、10円玉のそんな殺菌効果によるものです

■ 重曹でニオイを元から消す

重曹を使い古しの靴下かストッキングの中に入れ、口を結ぶ。臭いの気になる靴の中に入れて一晩置く。これだけです

重曹は臭いや湿気を吸いとってくれるので、翌朝にはクサ~い臭いもすっきりリセットされているはずです

重曹はドラッグストアやスーパーのキッチン用品売場で売っています。靴に入れるだけなら、食品用でなくても安い重曹で十分です

■ 新聞紙で消臭

新聞紙は湿気を吸いとる上、インクのにおいが臭消効果も果たしてくれます

適当な大きさに切り、丸めてつま先のほうから詰めていきます。インクの色が内底などに付いてしまうことがあるので、そこは注意をしましょう

■ お菓子の乾燥剤で吸湿

足は一日歩くとかなりの量の汗をかいており、この湿気も臭いの原因。だから履いた靴は、中に乾燥剤を入れて風通しの良い場所において休ませてあげると良いです

■ 焦げたパンの耳でも

焦げたパンの耳を靴の中に入れます。なんと、これには活性炭と同じくらいの消臭効果があるのだそうです

古くなったパンなどがあったら、真っ黒になるまで焼き、適当に切って消臭剤として使いましょう

▼ 参考サイト

1





雑食系まとめ主
公式サイト:http://lifeguide.hateblo.jp
Twitter: https://twitter.com/ilabjpn



  • 話題の動画をまとめよう