1. まとめトップ
  2. おもしろ

10年に一度の台風に襲われた日本

【注意喚起】都内のいたるところで道路冠水が起きています。このため「走行中の車が停止して動かない」などの110番が多く入電しています。車での外出は極力避けてください。

【大手町でも大雨・暴風】東京消防庁本部庁舎(千代田区大手町)前でも一部道路が冠水しています。東京地方では、これから昼前にかけて大雨が続き、きょう一杯10m以上の強風が続くと予想されています。最新の台風情報に注意して下さい。#東京消防庁 pic.twitter.com/t9seornXUm

台風の被害すごいな… ほとんど、駅使えないよ(><) 学校がなくてよかったけど、社会人が大変だよね(._.) 今日のNEWS番組は台風情報と電車情報と被害情報だけかなー

そんな中、全く無害の土地があった

栃木結界説がささやかれる

周囲は警戒地区なのに・・・

同年9月にも同じ現象が・・・

徳川の力では・・・?と噂される

徳川といえば日光東照宮

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。

江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。

実は日光東照宮は結界の一部であった

江戸時代に徳川家康の最高顧問である、天台密教の天海僧正が江戸城を霊的に守るために、日光東照宮を北に、上野の寛永寺、神田明神を鬼門(東北)守護、徳川家の菩提寺・増上寺を南、日枝神社を裏鬼門(西南)に配した密教の魔方陣を作り、それが結界とになった。

本当に結界があった

二ノ鳥居、陽明門、そして本殿を線で結ぶと、その先には北極星が位置している。さらに主要な建築を結べば、北極星のカタチになる。

さらに台風直撃の日は東照宮秋季大祭(日光東照宮のお祭り)であった

10月16日(火)・17日(水)の両日にわたって、東照宮秋季祭が行われます。

台風×結界×お祭り、その因果関係や一体

日光東照宮を作ったと言われる天海僧正はすべてが謎に包まれている

天海僧正については、その出生から、どうして高度な風水や陰陽道の知識を有していたのか、そして、いつ、どこで、何をきっかけに徳川家康に見出されたのか、その人生が深い謎に包まれた人物だ。

彼が結界師だったのだろうか・・・

真相は一体・・・

1 2





このまとめへのコメント1

  • sharpshootingさん|2013.10.17

    那須水害では死者22名、行方不明者2名、負傷者55名、住家の全・半壊及び一部破損506棟、床上浸水3,328棟、床下浸水11,518棟の被害が発生しました。(栃木県内では、死者5名、行方不明者2名、負傷者19名、住家の全・半壊及び一部破損129棟、床上浸水484棟、床下浸水2,362棟の被害が発生しました。)結界など存在しないとするのが気象学の見方です。
    http://www.city.nasushiobara.lg.jp/18/40/000335.html

1

このまとめに参加する