1. まとめトップ

ハフィントン・ポストのバッジをまとめて解説

言論サイトとして日本にも上陸した米ネットメディアのハフィントン・ポスト。ユーザーに議論を促すために様々な仕掛けがなされていますが、ここでは、ユーザーの役割や投稿動機を生む「バッジ」について解説します。

更新日: 2013年10月24日

0 お気に入り 2129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

d_tettuさん

Networkerとは

サイト内で多くのフレンド、フォロワーを有するユーザーに、自動的に付与されるバッジです。レベル2のNetworkerバッジを得るためには、外部のソーシャルサイトと連携していただく必要があります。バッジが付与されれば、コメントはオレンジで強調されます。

Superuserとは

最も熱心にコメント、またはシェアしていただいたユーザー(≒ヘビーユーザー)に付与されます。Twitter、Facebookなどと連携してストーリーをシェアすることで、レベル2へと推移し、コメントは紫で強調されます。

Moderatorは、現在は2つのバッジに分岐

以前「Moderator」と呼ばれていたバッジは、「Community Pundit」と「Community Curator」に分かれました。

Community Punditとは

サイト内のニュースに対する議論を深め、促すことに長けた人に付与されるバッジ。

洞察に富み、有益で魅力的なコメントを継続的に投稿した方に付与されます。このバッジの所有者はコメントを青で囲まれてフィーチャーされます。

Community Curatorとは

「Community Curator」は、継続的にガイドラインに違反するコメントに対して、良いフラグ付けを行ったユーザーに自動的に付与されるものです。このバッジを得るには、ルールに違反するコメントに対して、コンスタントにフラグ付を行うことでのみ付与されます。レベル2に関しては、100以上のコメントにフラグ付けし、それが認められて削除された場合に付与されます。

Gift Badgeなんてのもあるよ

TwitterのFavする際にBadgeも与えられる、といった機能。最初からBadgeを所有しているわけではない。

Gift Badgeは見た目が良いというだけではなく、「君のコメントは本当にいいね」という敬意を表する意味合いもあります。限られた数しか流通していませんしね。ベテランユーザーは機能導入時から幾つかのBadgeを保有しており、いつの日かあなたにそれが届くのです。

あなたの所属するコミュニティを見渡してみて、相応しいと思うユーザーにBadgeを与えてみてください。それから自分のユーザープロフページを確認すると、与えたBadgeがそのページに表示されているはずです。

「魅力ある」コメントのためのtips

1)議論の加速化

議論は、我々編集者でもコメント承認者でもなく、あなた方リーダーによって促されるのです。結果的に、我々がコメントを承認することで、厳しい質問や誰かを怒らせるような意思表示を生むこともあります。

そのような発言は、時々、他の読者にとってそれをよく読む動機付けとなりえます。「New Yorker」のコメンターも言うようにね。

2)事実にもとづく議論を

もしもあなたがコメントをニュース・ストーリーを紡ぐ延長線上にあると考えているのならば、最も価値のあるコメントとは、記事に寄与する、もしくは反論する新しい「事実」の提示です。コメントの際には、他のユーザーが読めるようなリンクやソースを提示し、引用してください。

3)とりあえず主張ベースで議論すること

ファクトにもとづく主張を続け、その線から脱さないことも説得力を与える良い方法です。主張やポイントを分かりやすく強調することは、会話の助けになりますし、事実にもとづき議題に対して主張を続けることは、他のコメンターにとっても有り難いことです。つまり、「人」ではなく「議題(主張?)」にそって主張をすることで、コミュニティの活性化に寄与すれば良いのです。

ガイドラインなど

1