5. 印鑑証明の取得

出典会社設立の流れ: 会社設立 名古屋/名古屋市のよねづ税理士事務所【完全0円プラン】

印鑑証明書は、定款の認証の際に発起人全員の分が、設立登記の際に代表取締役の分が必要となります。
また、定款には印鑑証明書に記載してある住所を正確に書かなければなりません。
この時点で印鑑証明書を取得し、確認をしながら記載することをお勧めします。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

会社設立・起業したい!でも何から準備をすれば?会社設立・起業のよくある疑問をまとめ

会社設立・起業したい!でも何から準備を始めればいいの?会社設立にはどんな書類が必要?法人化するメリットは?今回は会社設立・企業のよくある疑問をわかりやすくまとめました。

このまとめを見る