1. まとめトップ
  2. カラダ

過剰なストレスが顔太りを引き起こす!ストレスと顔太りの関係とは

過剰なストレスは顔太りを作り出すということが分かっています。なぜストレスによって顔太りが引き起こされるかについてご紹介していきます。このメカニズムを理解していないと、いくら顔やせエクササイズを行っても意味がありません。

更新日: 2013年10月30日

702 お気に入り 123665 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tamerumo898さん

現代はストレス社会

現代はものすごく便利になり、食べるものなども美味しいものが多くなってしますが、何故かストレスだけは増え続けているようです。

考えたくなくても 必然的に思てしまうんやよね笑 常にイライラするー⁽⁽◝( ˙ ꒳ ˙ )◜⁾⁾ ストレス溜まんでやめてくれ笑 てことで消えてください。笑

明日は久々病院いこ。悪いとこありすぎ。ストレスのせいもあるだろうけど。来週からがんばろ。

緊張・ストレスで頭痛いんかと思いよったけど、朝より喉も痛いから 風邪かも(>.<)

「なんか暴食してしまうー。勉強のストレスかな?てへ」 「食欲の秋だからだよ」 「あっなるほどね!!」 「ちがった。あんたは年がら年中食欲の秋だったわ」 「・・・なっとく・・。」

卒研ほんま早く終わりたいわぁーストレス!ストレス!これが終わったらどんだけ気持ちが晴れることだろう(ノ_<)

ストレスと顔太りとの関係

ストレスと顔の太りとは全く関係ないように思われますが、実はこの両者密接に関係しあっています。その関係についてご紹介します。

人間の身体は体調が良くないとすぐにむくみが現れます。そしてストレスで顔太りしてしまう人は非常に多いです。ストレスを日頃から発散させてためないようにすることが一番ですが、顔太りしないためには顔を中心としたリンパマッサージも有効です。

歯ぎしりや食いしばりが原因で、お顔の筋肉が固まって輪郭が大きくなってしまう「固太り」も原因の一つで

歯ぎしりや食いしばりはストレスで引き起こされます。

それにより口の周りの血の流れが悪くなってしまい筋肉がこってしまいます。そして、顔のバランスが崩れたり、“たるみ”の原因となる

ストレスを受けると、脳は自分をなぐさめようとするのだ。その方法として、食べることでドーパミンという“気持ちいいホルモン”を出して憂さ晴らしをしようとするのだ。それにより食べ過ぎて太ってしまう

人間の脳は、ストレスのことを「危機が発生した!」と思い込む。具体的には、コルチゾール(副腎皮質ホルモン)を出して、体脂肪の分解の邪魔をしたり、筋肉を減らしたりする。副腎皮質ホルモンがたくさん出て顔が丸くなってしまう事をムーンフェイスなどというが、筋肉が減って脂肪が増えた結果である。

その他、ストレスを感じている時の体の症状とは

ストレスを感じている時でも自分では気が付いていない時があります。よって、自分が今ストレスにさらされているというのを確認する意味で、ストレスを感じている時の症状を紹介します。

胃痛、胸焼け、食欲不振など胃腸などの消化器に何らかの身体症状が表れ

過敏性大腸炎、自律神経失調症、書痙、対人恐怖症、突発性難聴、円形脱毛症、不妊症(器質的な問題のないタイプ)、インポテンツ、アトピー性皮膚炎の悪化

■改善法■

食いしばりやあご周辺が疲れている時の改善法

過度のストレスにより歯ぎしりや食いしばりがある時の対処法です。主にあご周辺の筋肉が硬直してしまっているので、凝っている場所をほぐす事を行います。

長年の食いしばりや歯ぎしりによって緊張している、顎周辺の筋膜にたまったしこりを解消することによって、食いしばりグセを緩和することが出来ます。

歯医者さんで治療することが出来ます。

ストレスが原因となることも多いため、アロマテラピーやハーブティーなどでリラックスする。

硬直した筋肉を柔らかくする酢や、活性酸素を抑えるビタミンEを多く含むナッツ類を摂取する。

つい食べ過ぎてしまう方の改善法

ストレスがあるとホルモンが変化することによりいつも以上に食べ過ぎてしまいます。それにより、太ってしまい、当然顔にも肉がついてしまいます。

1 2