1. まとめトップ

【恐怖】危険度は5段階の中でも最大。PM2.5は肺がんの原因がある。

中国で問題となっているPM2.5など粒子状の大気汚染物質について、WHO=世界保健機関は「発がん性がある」と初めて正式に結論づけ、国際社会が早急に対策を取るよう求めました。大気汚染一般についても、「肺がんの原因になる」と断定。大気汚染は「がんによる死亡の主な環境要因となっている」としました。

更新日: 2013年10月24日

mm1000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1089 view
お気に入り追加

大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。
PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。

中国で問題となっているPM2.5など粒子状の大気汚染物質について、WHO=世界保健機関は「発がん性がある」と初めて正式に結論づけ、国際社会が早急に対策を取るよう求めました。

IARC=国際がん研究機関は17日、スイスのジュネーブで最新の研究成果について記者会見を開きました。
この中で、呼吸器疾患の要因となり、発がん性も指摘されてきたPM2.5など空気中を漂う非常に小さな粒子状の大気汚染物質について、発がん性のリスクの5段階の危険度のうち最も高い分類に「肺がんの発がん性がある」と初めて結論づけたと発表しました。

中国などを念頭に、途上国で大気汚染のレベルが高まっていると警告した上で、2010年には世界で22万3000人が大気汚染が原因の肺がんで死亡したと指摘しています。

PM2.5に5段階で最も高い発がんリスクがあると認定されました。東日本の低線量被曝リスクよりも、西日本に流れ込むPM2.5リスクにもっと注意を払うべきでは。 <WHO PM2.5に発がん性 www3.nhk.or.jp/news/html/2013…

PM2.5は肺がんの原因だってWHOが認めたんだって。マスクしよう(´Д` )

WHO PM2.5に発がん性  nhk.jp/N49z6Riu すごい政治的な背景を感じるなぁ。

PM2.5などの汚染物質は「肺がんの原因」と断定されました。

1





四国ニュースと自然災害まとめ。
ツイッタ→https://twitter.com/mm_thousand

このまとめに参加する