1. まとめトップ

皇太子妃雅子さまの真実!雅子妃擁護派のアゲアゲ報道は皇室のためならず!

一介の庶民が畏れ多い事ですが、愛する日本と皇室のためにまとめました。「週刊新潮」での西尾幹ニ氏の論文をキッカケに、雅子妃擁護の報道が真実ではないと気づき、洗脳されている多くの方の参考になればと調べました。国民一人一人の気持ちが、やがては皇室を動かす力になるんです♪

更新日: 2013年12月21日

15 お気に入り 271079 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

雅子妃擁護から覚醒した「週刊新潮」の論文がコレ

「雅子妃」をスポイルした「小和田恒」国際司法裁判所判事

雅子妃が療養を始められてすでに8年が過ぎた。
なぜ、このような事態が続いているのか。
その謎を解く1つのカギは、父親の小和田恒氏(79)にあるという。
評論家の西尾幹二氏(76)は、小和田氏を
「皇室とは余りにそりが合わない人格」と分析するのだ。

『週刊新潮』6月20日号に
「『雅子妃』不適格で『悠仁親王』即位への道」という
目をみはらせる巻頭記事が掲げられている。

日本の歴史の中で「幼帝」というのは何度もあった。
小学生、中学生でも天皇に即位できる。
摂政をつければ問題はない。

今上陛下、皇太子、秋篠宮の三人による頂上会談が
昨年来つづいていて、そこで煮つまった案だ
という内容の記事である。
週刊誌といえども、ここまで書く以上、
それなりの証拠があってのことであると思う。

小和田家の真実を示す証拠

上の画像は、某ブログに掲載された、
現在、小和田恒氏が使用している国際司法裁判所の所長の椅子だが、
その背もたれにはっきりと菊の御紋が使用されている。

藤原家などの歴史上の天皇家の外戚でさえ、
菊の御紋を私的に使用した例は見つかっていない。
一般家庭の例で考えても、
娘の嫁ぎ先の家の家紋を勝手に使用するなどというのは、
常識的には考えられない行為である。

皇室の備品は、国家財産です。
したがって、これらの不正な持ち出し、
ネットオークションでの販売は、
もし事実なら詐欺横領罪を構成するとか。

法律に詳しい人によると、金額が億単位で張るので、
実刑3年ほどの刑事罰ではないか、と。
もしこれらの品々が本物だったら、と仮定してですね。
さらに法律に詳しい人からの情報提供を求めます。

雅子さまは優秀な外交官?

その学歴に加えて、「優秀な外交官」説、
と雅子妃の経歴は、虚飾に彩られていますが、
これらの嘘はデータを添えて検証して来ました。

国内では田園双葉は落ちているし、
アメリカの高校での成績はBマイナスかCで、
それが雅子妃の「素顔」です。

ハーバードは小和田氏の客員教授指定枠での入学、
東大も名誉教授であった実父のコネで
海外子女枠での「在籍」ということを、
いったいどれほどの日本人が知っているでしょう。

なにこのコメ欄、気持ち悪い…。

着物をいまだに着こなせず、努力­もせず、
結局開き直って洋服ばかり着ている人のどこが日本女性的­?

下品な上目遣いや流し目がなおらない。
しょっちゅうバッグでお­またを押さえてる人の
どこに気品を感じるのか。

才色兼備?この方の学歴も職歴もインチキですよ。
アメリカではず­っと英語の最低クラスから抜けられず、
父親のコネでなんちゃって­入学、
卒業もされてないので実質高卒じゃないですか。

コネで就職しても英語がろくに出来ないから
通訳の仕事も任せられ­ない。
そんな外交官がいるもんですか。

確かに皆さん、マスコミを­鵜呑みにしすぎですわね。

愛子さまへの捏造記事

雅子妃擁護派って何者?

皆様は、友納尚子という人物をご存知だろう。

いろいろな雑誌に雅子妃擁護の記事を書き続けている人物だ。
その人物のいかがわしさについて掲載したい。
反日勢力との関係として「慰安婦」擁護記事まで書いている。

最近、このブログを読んで
「皇室ってなんか変」と思ってる人は
気づかなかったかもしれないけど、
紀子妃が悠仁殿下をご出産の時、
女性雑誌はこれでもかという程、
バッシング記事を出しました。

あまりのむごさに私は怒りました。

今週の「プリンセス雅子妃物語」で、
またもあの時の惨いバッシングを繰り返した友納尚子。
彼女につける薬はありません。

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1